産婦人科

ご挨拶

当院は、広島市北部(安佐北区、安佐南区)を中心に、県北部からも患者さんが来院される地域中核病院です。産科、婦人科領域ともにバランスのとれた診療を行い、最新のエビデンスに基づいた高度な医療が提供できるように努力しています。

(産婦人科 主任部長 熊谷正俊)

産科

「安心・安全な分娩」を最大の目標にして、正常妊娠・正常分娩を中心に行っています。「分娩はできるだけ自然に」というのが基本方針です。分娩誘発や帝王切開は適応を守って行います。

妊婦健診では必要に応じて、小児科の協力を得て胎児心エコーの精査も行っています。

異常妊娠としては、悪阻の管理、子宮外妊娠の管理や腹腔鏡下手術、切迫流産・早産の管理、前置胎盤、双胎妊娠、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病の管理などを行っています。

常位胎盤早期剥離や胎児機能不全などに対していつでも超緊急帝王切開が行えるよう、常に麻酔科、手術室スタッフ、小児科と密な連携を取りながら定期的にトレーニングを行っています。

産科に関する詳細情報

関連情報

婦人科

良性疾患として、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮脱などの管理、手術を行っています。良性疾患の手術においては積極的に腹腔鏡手術を取り入れており、手術侵襲が少なく術後回復が早いことが特徴です。妊孕性温存手術も行っています。

悪性疾患としては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを中心とした女性性器癌や妊娠に関連した絨毛性疾患などを扱っています。

婦人科に関する詳細情報