消化器内科

ご挨拶

消化器内科は消化管・肝臓・胆膵の3つのグループに別れています。各グループがしっかり連携をとりながら消化器疾患の診療をすすめてまいります。

(副院長 永田信二)

(画面をタップ・クリックすると外部サイトに遷移します)

nagata.jpg

消化管

『クオリティーの高い最先端の内視鏡診断・治療を提供いたします』

当科は食道から大腸まで全消化管の内視鏡検査ができる数少ない施設です。また、高度な技能を要する、食道・胃・大腸の早期がんに対する内視鏡治療である内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を多数行っており、全国でもトップレベルです。

肝臓

『肝臓の病気は良性疾患から悪性疾患まで幅広く対応します』

当科では地域の中核病院としてこれまで積み重ねてきた治療手技や治療成績向上への取り組みを基盤に、広島大学病院を中心とした基幹病院と連携し最新の薬物治療、集学的治療に積極的に取り組んでいます。

胆・膵

『24時間365日対応で、安心・安全な治療を心がけます』

胆のう・胆管・膵臓の病気は緊急性を要するものから、がんなど発見・治療が難しい病気までさまざまです。当科は県内・全国でもトップレベルの治療成績を誇ります。また、かかりつけ医の先生と連携して24時間365日で対応します。患者様に寄り添い、共に治療を考え、安心・安全な治療を心がけます。