呼吸器外科

ご挨拶

  • 当科では胸部(肺、気管・気管支、胸壁、縦隔)を対象とした悪性・良性疾患、胸部外傷の治療を、呼吸器専門の3名の医師がチーム医療体制で行っています。
  • 悪性疾患の治療に関しては、呼吸器内科、放射線治療科、放射線診断科、病理部と呼吸器外科が毎週に金曜日に「呼吸器カンファレンス」を開催し、外科治療、薬物治療、放射線治療などを組み合わせた最適な治療方針を検討しています。
  • 当科の手術治療の特徴は、治療の質を低下させることなく、患者さんの体に優しい、低侵襲手術を目指していることです。このため多くの手術は胸腔鏡を使用し可能な限り小さな傷で行うようにしています。また、肺の切除範囲を小さくして肺機能を温存する「区域切除」を積極的に行っています。
  • 今後は、ロボット支援下手術や単孔手術(Uni-portal)などの侵襲の少ない手術方法も開始する予定です。

(呼吸器外科 副院長 向田秀則)

主な疾患

原発性肺癌、転移性肺癌、気胸、炎症性肺疾患、肺良性腫瘍

胸壁

悪性胸膜中皮腫

縦隔

胸腺腫、神経原性腫瘍、悪性リンパ腫、胚芽腫