緩和ケア内科

特徴

緩和ケアは、『がんなどの重い病を抱える患者さんやそのご家族の体や心のつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア』と位置づけられ、近年では病気の比較的早い段階から導入する動きが高まっています。

緩和ケアの定義(2002年・WHO)

緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOL(Quality of Life)を、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである。

当院の緩和ケア内科は、がんなどの重い病気の患者さんやそのご家族に対して緩和ケアを実施する診療科として2009年4月にスタートしました。

最近の医療においては、「病気を治す」ことだけでなく、患者さんが病気と向き合いながらその人らしくどのように生活していくのかという「療養生活の質」も同じくらい大切と考えられるようになっています。

緩和ケア内科では、患者さんとご家族の療養生活の質をよりよいものにしていくために様々な苦痛を和らげることができるような医療やケアを提供いたします。体や心のつらさを緩和するだけではなく、安心して療養生活を送るための生活面の調整などについての相談にも対応しています。

当院における緩和ケアは、医師・看護師・薬剤師・医療ソーシャルワーカー・臨床心理士・歯科衛生士・栄養士といった各分野の専門医療スタッフからなる「緩和ケアチーム」が中心となって提供しています。各分野のスタッフが連携を取りながら患者さん一人一人の問題に総合的に向き合い支援を行っています。

外来

緩和ケア内科外来の受診を希望される方は、それぞれの担当医師(主治医)にご相談ください(予約制)。

入院

入院中の方で緩和ケアを受けたいとご希望される場合は、担当医師や病棟看護師にご相談ください。