病院概要

安佐市民病院の建替えについて

新着情報

  • 平成28年11月22日:質問書への回答をしました。
  • 平成28年11月8日:新安佐市民病院(仮称)基本設計業務公募型プロポーザルへの参加表明が8者(JV)ありました。
  • 平成28年10月28日:新安佐市民病院(仮称)基本設計業務公募型プロポーザル手続き開始の公示しました。
  • 平成28年10月:整備基本計画を策定しました。

建替えについて

1. これまでの経緯

耐震性の向上と老朽化・狭あい化の解消、高度で先進的な医療機能の充実等を図るため、平成25年3月に当時の広島市病院事業局が「広島市立安佐市民病院建替えに係る基本構想」を策定し、平成26年7月に基本計画の策定に向けて安佐市民病院内で協議会を設けて「安佐市民病院建替え基本計画策定に向けた骨子」をとりまとめました。

平成27年9月に広島市が示した安佐市民病院の機能分化整備方針を踏まえ、「荒下地区」に高度で先進的な医療機能、災害拠点病院としての機能及びへき地医療機関としての機能の充実を図る病院を整備し、日常的に高齢者などの地域住民が受診できる医療機能等を「現在地」(現在の北館)に整備することになりました。

  • 「荒下地区」:広島市安佐北区亀山南一丁目
  • 「現在地」 :広島市安佐北区可部南二丁目

2. 全体スケジュール

新安佐市民病院(仮称)の整備事業は、平成28年度中に基本設計に着手し、平成30年度末までに実施設計を終え、平成31年度から建設工事に着工し、平成34年春の開院を目標とします。

rebuilding

整備基本計画

新安佐市民病院(仮称)整備基本計画を策定しました。(平成28年10月)

基本設計

新安佐市民病院(仮称)基本設計業務公募型プロポーザル手続きを開始しました。(平成28年10月28日)

新安佐市民病院(仮称)基本設計業務公募型プロポーザルへの参加表明が8者(JV)ありました。(平成28年11月8日)

公募型プロポーザルに関する質問書への回答をしました。(平成28年11月22日)

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
1人中1人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要