病院概要

保育施設整備

これまでに受けた質問等に対する回答

2019年11月6日

質 問 項 目

質 問 内 容

回    答

保育施設の定員設定について

今回の保育施設は、貴院に代わって運営業者が整備する形をとっており、保育施設の定員90人(未満児:45人、以上児:45人)について当該施設設置候補業者としてお尋ねします。
と言いますのも、本施設は貴院専用の保育施設として建設・運営していくものであり、地域枠利用も不可ということとされています。
そうしますと、設定定員枠を下に建築プランの作成や建築資金を試算し、人件費等も含めた支出と定員相当から見込まれる収入で収支計算をし、今後の永続的な運営が可能か否か、検討していく必要があります。
前回の説明会で、本定員設定の言及は、現状の実績(3歳未満児のみで今年度40名、一昨年度50名)から3歳以上児分を加味し、倍増させたという説明でした。
しかし、新設する3歳以上児枠が実勢に見合うか否かは今現在、見通せない、との説明でもありました。そういう中では今後、運営面で何かと支障が出てくることも予想され、結果として貴院へ多大なる悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。
今回の応募条件である定員枠が本プラン設計上、大きなポイントであり、運営開始時期が年度途中で人員確保を含めた、大きな解決すべき事案とも絡んできます。
そこで、前回もお尋ねした件とも関連しますが、その定員枠について再検討ないしは善処していただけないものかと考えております。貴院のお考えをお聞かせ願えないでしょうか?何卒、よろしくお願い申し上げます。

一般的に、認可保育所の定員設定を行う場合、3歳未満児よりも3歳以上児の定員を増員して設定するのが通常です。理由としては、子どもが3歳になってから預けて働こうと考える主婦の方が多いためです。
今回の公募は、地域枠のない事業所内保育施設であり、また、病院に勤務する専門職としての職員の特殊性(育児休業あけ直ぐの職場復帰)があるため、認可保育所と同様の考え方で設定するわけにはいきませんので、過去の入所実績や今後の職員定数の増減がほとんどないという前提で設定しています。
ただ、開設後に、定員と現員に差があるということは想定されますので、定員まで入所しなかった場合の手立て(いわゆる定員払い制度)について現在検討しているところです。
具体的には、定員に見合う職員配置をされている場合には、年齢別定員×年齢別単価と各月末までに助成される運営費との差額を機構として助成しようというものです。
いずれにしても、運営事業者の運営に支障がないよう配慮していきたいと考えています。

 

2019年11月5日

質 問 項 目

質 問 内 容

回    答

保育料について

認可外の保育所ということで保育料は施設において決定するものですか。 

 

 

 

今年度10月からの幼児教育無償化の対象にはならないのですか。

病院の福利厚生施設という側面もあることから、3歳未満児については国の実施要綱に定める標準的な利用料を上限として病院において決定します。
なお、標準的な利用料より減額した利用料とした場合は、その差額は病院が施設に対して補填します。

3歳以上児は無償化の対象です。

運営助成額について

別紙3でお示しの運営費助成額は、認可保育所と同様に毎月定期的に助成されますか。

 

別紙3では、定員での計算となっておりますが、園児数により助成額が変わってくるとは思いますが、認可保育所と同じく定員払いはございますか。

 

 

法人が運営している保育所からの運営費への繰り入れは難しいと考えますが、その場合は資金調達の手段はこの保育所で借入等により行うと解釈してよいですか。

毎月末までに定期に助成されます。

 

国の助成は各月初日の入所児童数分です。このため、定員まで利用児童がいなかった場合の取扱い(病院としての助成等)については現在検討中であり、令和2年度末までには決定したいと考えています。

 

現在運営中の保育所等について、最低基準を遵守している、特別保育を実施している、苦情解決の仕組みがあるなどの一定の要件を満たしていれば、委託費の3か月分の範囲で企業主導型保育事業に係る建物・設備の整備・修繕、土地の取得費及びそれに係る借入金の償還や積立支出経費に運用することができます。

新安佐市民病院と北館病院の関係について

現安佐市民病院の保育施設での在籍園児が40名程度(一昨年度は50名)との事でしたが、今後も(運営主体が変わるとはいえ)北館の病院が整備されるとなると現在籍園児数がそのまま新設の保育施設への移行と想定できない事もあるような気がしますが、いかがでしょうか。

現在の北館に整備する安佐医師会病院は、安佐医師会が雇用する職員が勤務することになります。
このため、新安佐市民病院の職員は引き続き新病院で勤務しますので現在の在籍児童は新しい保育施設に入所することになります。

企業主導型保育事業の助成金申請手続き時期について

同事業は今年度、昨年度の整理遅延から当初予定をかなり繰り下げての実施となりました。また、今般の同助成金不正受給の問題を受け、運営業者変更の手続き中との話もありました。そのような状況では、同事業の助成金申請等が延び延びとなってしまうことも否めません。一方、当方の自主整備も検討すべき課題ですが、将来的な余裕ある運営面を考慮に入れれば、やはり助成金利用は不可欠と思料します。そこで、当施設の最低稼働ラインをご提示いただけると幸いです。

新病院の移転開設時期がはっきりと決定していない段階ではありますが、令和3年の11月から運営開始していただくというのが現時点での最低稼働ラインです。
しかし、建設工事期間が延期になったり、引越しの時期が予定よりも遅くなるということもあり得ますので、運営開始時期の特定は今しばらく待っていただきたいと思います。

保育施設利用者増の見込みについて

新安佐市民病院は現状比、病床数の減少はあるものの、救急救命センターなどの新機能付加によるスタッフ増員やドクターの利用も見込めるとのことでした。従来の3歳未満児専用園から3歳以上児も含めた園に生まれ替わることも加わることで今後、どの程度の園児増員が見込めるのでしょうか。

新病院は現病院よりも病床数は減少しますが、新たな機能を付加することなどにより職員数はほとんど変化しないと考えています。
このため、現在の3歳未満児数の倍の児童が入所すると見込んでいます。

契約期間について

保育施設を運営するに当たり、機構と事業者間で契約を締結することになると思うが、その期間はどの程度を考えているのか。

土地を無償貸付しその上に堅固建物を整備していただくので、最低でも30年とする予定です。

職員アンケートについて

現病院の職員に、新病院になって保育施設が整備された場合に利用するかどうか等についてのアンケートを取ってもらいたいがどうか。

令和2年度の早い時期にアンケートを取りたいと考えています。

病児保育対応の看護師について

病児保育のために看護師を雇用するが、対象児童がいないときはどうするのか。

対象児童がいない場合は、基準保育士数(職員数)の1人としてカウントして差し支えありません。

 

2019年10月29日

質 問 項 目

質 問 内 容

回   答

募集資格について

募集時点で認可保育所又は認定こども園を5年以上運営している者とある部分について、認可外保育施設の運営を通算するなどの例外的な取扱いはないのか。

今回の募集はプロポーザル方式とし、広く事業者を募った上で優秀な提案を行った事業者を選定することにしています。
そういう観点から、募集要領に掲げた応募資格は原則として扱い、次の法人については資格ありとします。
「認可保育所又は認定こども園の運営を開始する以前に、保育に欠ける児童を保育することを業とする認可外保育施設や家庭的保育事業等を運営していた者で、かつ、認可化移行支援事業等の対象になるなど行政と直接又は間接的に関わりがあった者で、認可保育所又は認定こども園の運営も含めて通算して5年以上運営している者」
※この場合、上記のことを証明する資料を提出してください。

運営内容等について

運営内容の種類として①基本、②延長、③病児および④夜間・深夜・休日保育の4種類が挙げられているが、実績はどうなっているのか。

延長保育は毎日2時間程度の実績です。
病児保育(現在は病後児保育)は昨年度1人の実績です。
夜間・深夜保育は昨年度は実績はありません。
休日(日曜日・祝日)保育は昨年度は6人の利用で述べ7日間の実績です。

施設設備

施設設備を検討するにあたり、敷地図がほしい。

設置事業者が負担すべき外構工事の範囲はどこまでか。

図面はこちら

外構工事については、更地の土地を無償貸与しますので全て事業者側で整備していただきます。

認可保育所の運営費の弾力運用について

認可保育所を運営している法人の資金は、今回の企業主導型保育事業としての事業所内保育施設設置運営費用に対してどの程度運用できるのか。

最低基準を遵守している、特別保育を実施している、苦情解決の仕組みがあるなどの一定の要件を満たしていれば、委託費の3か月分の範囲で企業主導型保育事業に係る建物・設備の整備・修繕、土地の取得費及びそれに係る借入金の償還や積立支出経費に運用することができます。

 
1 募集の趣旨
令和3年(2021年)秋以降に、現在の安佐北区可部南二丁目から直線で約2km 離れたJRあき亀山駅の南側に移転新設する「広島市立北部医療センター安佐市民病院」に、職員の確保及び福利厚生のために職員用の保育施設を新設することにしており、この新しい保育施設を整備し運営していただける事業者を募集するものです。
 
2 募集内容等
区  分 内        容
施  設  区  分 認可外保育施設(事業所内保育施設)
整備場所  ・  定員 整備場所:広島市安佐北区亀山南一丁目 JRあき亀山駅南側敷地
定 員:90人( 3歳未満児:45人、3歳以上児:45人)
応  募  資  格 応募時点で認可保育所又は認定こども園を5年以上運営している法人であることが必要です。詳細は募集要項をご覧ください。

整  備  手  法 応募者 が「企業主導型保育事業費補助金実施要綱」に基づく企業主導型保育助成事業(整備費)を活用して、地方独立行政法人広島市立病院機構所有の土地に保育施設を新築整備する方法とします。
建物の規模、
構造、施設内容等
児童福祉法、建築基準法、消防法等の関係法令及び広島市児童福祉施設設備基準等条例に基づき、応募者において保育施設整備計画等を作成していただきます。
整  備  年  度 令和2年度末まで
施設整備補助 応募者が「企業主導型保育事業費補助金実施要綱」に基づく企業主導型保育助成事業(整備費)助成金を申込み、採択された場合に整備費助成金が交付されます。
運営 運  営  開  始 令和3年10月から運営を開始していただきます。(予定)
注    意    事    項 事業者の選定後、企業主導型保育事業(整備費)助成事業に申込みしたにも関わらず採択されなかったときは、このプロポーザルにおける事業者選定は不成立といたします。
ただし、施設整備費助成金が採択されなかった場合でも、自主整備するという設置計画書を提出した応募者が選定された場合は、当該計画に基づいて整備していただきます。
※その他の詳細は、募集要項をご覧ください。

 

3 質疑応答
募集要領に関する質問は広島市立安佐市民病院事務室総務課にて対応します。応募要領にある質問票を作成のうえ、E-メールで送信してください。なお、質問のあった内容のうち、他の応募を検討している事業者にも周知すべきものについては、その質問及び総務課の回答を安佐市民病院ホームページにて公開します。
 
4 応募書類の提出
(1)受付期間
令和元年10 月15 日( 火)~ 11 月18 日( 月)までの間(※土日祝除く)
(2) 受付時間
午前8時30分から午後5時15分まで
(3) 提出方法
応募者は、 応募書類(設置計画書兼事前協議書及び必要な書類)を作成し、正本1部、副本9部を広島市立安佐民病院事務室総務課に持参してください。
募集要領、設置計画書兼事前協議書、各種様式等は、本ページ下部からダウンロードできます。
 
5 事業者の選定
広島市立北部医療センター安佐市民病院保育施設設置運営事業者選定委員会において、 応募者から提出された応募書類に基づき、応募資格の審査、応募者へ個別ヒアリング を行い、応募内容について評価をした上で、令和元年11 月下旬(予定)に事業者を選定します。
  
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要