病院概要

臨床倫理指針

広島市立安佐市民病院は、理念と基本方針に基づき、患者の権利を尊重し、質の高い医療を提供するため、臨床における倫理指針を定めます。

  1. 患者の人権と自己決定権を尊重し、十分なインフォームド・コンセントのもとに医療を行います。
    また、医療行為の選択にあたり、セカンド・オピニオンを聞く権利を保証します。
  2. 関係法規、ガイドラインを遵守し、検査・診断・治療・研究を行います。
    1)母体保護法や臓器移植に関する法規等を遵守します。
    2)終末期医療決定プロセス等のガイドラインを遵守します。
    3)宗教上の理由による輸血拒否の患者には、「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」に基づき、適切に対応します。
  3. 尊厳死、終末期医療、延命治療などの生命の尊厳に関する問題、医療の妥当性に関する問題については、臨床カンファレンス、倫理委員会等で審議し、治療方針を決定します。
  4. 医療の発展のために積極的に治験、臨床研究を行い、その実施においては、患者の権利を尊重するため、治験委員会、倫理委員会において十分な検討を行います。
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
1人中1人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要