病院概要

平成28年度 広島市立安佐市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 620 203 347 506 796 1164 3079 4001 2598 444
指標の定義

入院時の年齢より、当院の一般病棟の年齢階級別患者数を表示しています。

コメント

当院は地域の中核病院として幅広い年齢層の患者様に利用いただいております。特に救急医療、がん医療、脊椎疾患医療を中心とした医療を行っておりますが、診療医療圏の高齢化に伴い70歳代以上のご高齢の患者様が半分以上と特に多いことがわかります。

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 234 2.72 3.06 0.00% 70.44
060340xx03x00x 胆管(胆内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 191 9.24 11.06 5.24% 74.46
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 185 15.39 17.95 9.73% 80.71
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 181 4.19 3.68 0.00% 71.06
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 161 13.44 12.35 0.00% 68.37
指標の定義

各診療科別に症例数の多いDPC14桁分類について、診療科別に上位5位までを表示しています。
(短期滞在手術症例や出来高症例など、DPCコードのない症例は集計から除外しています。)

コメント

DPCの請求上、当院では「内科」の中に総合診療科、循環器内科、消化器内科、内分泌・糖尿病内科、呼吸器内科、血液内科、脳神経内科等が含まれています。
上位3位までの疾患について、内科内の症例割合は、1位が4.6%・2位が3.8%・3位が3.6%を占めています。

「内科」を専門別に分けると、
「消化器系(内科内の症例割合:約30%)」の上位3位までの疾患(治療)を見た指標は、

  1. 060340xx03x00x:「胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等」の入院…【内科全体2位】
  2. 060020xx04x0xx:「胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術」の入院
  3. 060050xx97x0xx:「肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり」の入院

「循環器系(内科内の症例割合:約21%)」の上位3位までの疾患(治療)を見た指標は、

  1. 050050xx99100x:「狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテル法による諸検査」の入院…【内科全体1位】
  2. 050130xx99000x:「心不全 手術なし」の入院…【内科全体3位】
  3. 050050xx02000x:「狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 心臓カテーテル法による諸検査」の入院

「呼吸器系(内科内の症例割合:約21%)」の上位3位までの疾患(治療)を見た指標は、

  1. 040040xx9910xx:「肺の悪性腫瘍 手術なし 経気管肺生検法等」の入院…【内科全体4位】
  2. 040040xx99040x:「肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法ありかつ放射線療法なし」の入院…【内科全体5位】
  3. 040081xx99x00x:「誤嚥性肺炎 手術なし」の入院

「神経系、血液疾患、代謝・内分泌系(内科内の症例割合:約28%)」の各1位の疾患(治療)を見た指標は、

  • 010060×2990401:「脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし エダラボン」の入院
  • 130030xx99x40x:「非ホジキンリンパ腫 手術なし リツキシマブ」の入院
  • 100071xx99x100:「2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) インスリン製剤(注射薬に限る)」の入院

となっています。

診療科メニューへ

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 69 5.41 5.79 0.00% 4.36
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 64 5.86 6.18 3.13% 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 52 6.23 6.42 0.00% 3.92
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 32 5.47 6.02 0.00% 1.13
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 27 14.56 11.55 3.70% 0.00
コメント

小児の感染症についてはほぼ全例入院対応可能です。
気管支喘息は国内外の情報をいち早く取り入れており、高水準の医療が外来・入院を問わず提供できます。
食物アレルギーの診断対処について標準的に行っています。
新生児分野は、当院で出生した新生児に対してのみ対応しています。院外出生児への対応はできておらずNICUを有する病院にお願いしています。

診療科メニューへ

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 100 8.48 12.73 2.00% 71.18
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 74 15.14 17.65 4.05% 70.58
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 69 12.22 15.92 4.35% 73.45
060050xx02x1xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)肝切除術 部分切除等 手術・処置等21あり 40 17.40 20.56 0.00% 68.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 40 8.65 9.08 0.00% 72.88
コメント

外科では消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科の専門医資格を有する医師が治療を担当しており、手術症例数は県内有数です。悪性腫瘍に対しては外科手術はもちろんのこと、化学療法や放射線療法を組み合わせた集学的治療も行っており、全国レベルの臨床試験グループの参加施設に認定されています。
また虫垂炎や胆嚢炎、腸閉塞など緊急手術が必要となる救急疾患にも対応しており、年間217件の緊急手術を行っています(2016年度)。

診療科メニューへ

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等21あり 228 14.77 21.14 4.82% 69.54
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 172 15.66 17.99 9.88% 70.84
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし 166 16.81 22.69 17.47% 64.93
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 71 22.80 26.26 15.49% 75.97
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 49 21.35 11.91 2.04% 54.04
コメント

当院では顕微鏡視下脊椎脊髄手術を中心に診療を行っており、特に脊柱管狭窄症においては全国でも有数の手術症例数を行っております。比較的まれな疾患である脊髄腫瘍も数多く行っております。手術用顕微鏡を使うことによって高齢患者さんであっても安全確実な手術を行うことが可能となっています。
その他、最近では人工膝関節置換術も多く行っております。

診療科メニューへ

脳神経外科・脳血管内治療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 6.47 7.52 10.34% 64.74
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 16.66 19.35 48.21% 70.71
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 9.33 11.83 17.78% 80.40
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 9.56 9.87 22.22% 74.81
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 26 2.96 3.20 0.00% 66.54
コメント

当院では広島市北部から県北部の広域な医療圏を対象とした診療活動を行っております。
表に見られますように、ご高齢の患者さんで、特に脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や、頭部打撲後に慢性的に頭蓋内に血液がたまってくる慢性硬膜下血腫の患者さんが多く来院されています。その他、脳腫瘍や頭部外傷、三叉神経痛、顔面痙攣に対する手術に対応しています。
当院では、4名の脳神経外科医【脳神経外科学会専門医:3名、脳血管内治療(カテーテル治療)専門医:3名】が常勤しています。
地域的にご高齢の患者さんが多く、脳血管内治療や神経内視鏡を用いた低侵襲的手術を積極的に導入しています。開頭手術においても、神経モニタリング装置やナビゲーションシステムを使用し、安全な治療を行っております。

診療科メニューへ

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 25 2.56 12.65 8.00% 73.44
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 24 19.50 18.27 4.17% 69.08
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 20 37.15 28.23 25.00% 69.15
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 18 11.33 12.74 0.00% 76.83
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 17 33.53 24.70 11.76% 77.47
コメント

当院は広島県北部地域唯一の心臓血管外科である特性から、広島市北部はもちろん、広島県北部一帯から島根県に至る地域の患者様を受け入れています。当院循環器内科や麻酔集中治療科の協力のもと、救急医療体制を整えており、緊急手術の必要な大動脈解離の患者様を多く受け入れており、症例数は県内トップレベルです。

近年高齢の患者様が増加しており、動脈硬化を背景とした動脈瘤、閉塞性動脈硬化症の患者様が多く、このような患者様でも安心して治療を受けて頂ける様、低侵襲手術(ステントグラフト治療等)を積極的に取り入れています。

診療科メニューへ

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 103 10.11 9.88 0.00% 31.88
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 65 10.28 10.05 0.00% 45.65
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 58 14.33 20.79 17.24% 29.12
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 57 5.86 5.12 0.00% 56.86
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 42 7.21 6.42 0.00% 41.14
コメント

産科では、切迫早産や、胎児に異変が出た時の対応を多く行っており、合併症妊娠への対応が行われています。
子宮筋腫や卵巣腫瘍など、婦人科良性疾患の中では多い疾患も十分な症例数を保っています。在院日数も平均的です。
産婦人科悪性腫瘍の化学療法は、主として外来治療で行われるため、大きな数字としては表れませんが、悪性腫瘍治療も十分な症例数を持っています。

診療科メニューへ

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 25 9.24 9.15 0.00% 74.76
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 23 16.13 10.53 0.00% 66.74
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 17 9.00 7.01 0.00% 64.76
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 16 8.69 7.72 0.00% 67.88
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 12 8.33 2.91 0.00% 76.33
コメント

水晶体再建術は平成26年4月から、入院にて行う場合は、短期滞在手術等基本料3(4泊5日)となっている。
当院では片眼の手術を基本として行っている。当院の医療圏は比較的広く、外来通院が難しい状況がある。
他病院に比べてやや長期入院となっているが、十分な術後経過をみることを重要視している。
網膜硝子体手術については、他病院と比較して、網膜剥離や糖尿病網膜症の割合がやや多い、比較的重症例の割合が高く入院日数が長い傾向にある。

診療科メニューへ

耳鼻咽喉科・頭頚部外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 59 8.64 8.12 0.00% 16.05
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 8.51 7.47 2.70% 59.68
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 33 10.06 9.27 0.00% 60.94
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 29 9.52 7.75 0.00% 55.76
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭・声帯ポリープ切除術等 27 3.93 5.07 0.00% 60.41
コメント

当科では、広島市北部や西中国山地地域の耳鼻咽喉科の中核病院として、掛かりつけの先生と協力しながら診療にあたっています。小児の滲出性中耳炎や扁桃炎を始め、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)やのど(咽頭、喉頭など)の腫瘍、頸部(甲状腺、耳下腺など)の腫瘍の手術を含めた治療を行っています。
腫瘍に対しては放射線治療医ともカンファレンスを行い、手術、放射線、抗がん剤による治療を選択して組み合わせて行います。より高度な治療が必要と考えられる場合には、広島大学病院や県立広島病院と連携をとりながら治療を行っています。
また、入院治療が必要なめまいや突発性難聴、顔面神経麻痺、扁桃周囲腫瘍などの重症感染症にも対応しています。

診療科メニューへ

放射線科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 13 13.38 20.92 0.00% 71.00
060040xx99x2xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 24.80
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり - - 24.03 - -
040010xx99x2xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 30.15
060010xx99x31x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病あり 43.74
コメント

当院放射線治療科は積極的に食道癌の化学放射線療法に取り組んでいます。平成28年度の全入院患者に占める割合35%と、入院治療の多くを占めています。食道癌は、外科治療、内視鏡治療と様々な治療方法がありますが、消化器内科・外科と連携し、進行度や患者様のご希望に合わせた治療をしています。在院日数は依存疾患がない場合13.38日、依存疾患がある場合32.33日と、特に依存疾患がない場合、在院日数が全国平均より大きく短縮されています。また、平均年齢も71歳程度と積極的に高齢者に取り組んでいます。すなわち、当院の食道癌における入院加療は、症例数も多く、短い在院日数で、高齢者にも取り組んでいるのがわかるかと思われます。
当院はCone Beam CTが装着したリニアックを有しており、治療計画を散乱線も考慮したMonte Calro法で計画できる治療計画装置を有しています。この方法を利用して高精度放射線治療を施工しており、昨年度のIMRT患者人数は29件(前立腺:18件、頭頸部癌:8件、脳:3件)、定位照射は19件(肺:8件、肝臓:11件)と高精度放射線治療も積極的に施工しています。(27年度はIMRT22件、定位照射8件)
医学物理士も現在3名(28年度は2名)、放射線品質管理体制も県内でトップクラスといえます。
今後とも、県北のみならず、広島県の放射線治療をリードしていきたいと考えます。

診療科メニューへ

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 64 8.89 8.78 3.13% 75.77
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 54 7.31 8.96 0.00% 68.44
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 47 10.43 11.97 6.38% 60.81
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 26 4.08 5.11 0.00% 45.77
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 10 14.60 18.22 10.00% 58.60
コメント

当科における入院件数は多い順に、1)皮膚悪性腫瘍(64例)2)帯状疱疹(54例)3)蜂窩織炎(軟部組織細菌感染症)(47例)と、前述したように皮膚悪性腫瘍の症例数が多いですが、ついで帯状疱疹・蜂窩織炎の占める割合が高くなっています。これら疾患は保存的に加療ができることの多い疾患でありふれた疾患ですが、特に帯状疱疹では神経痛を生じることがあり、高齢者の方や広範囲の皮疹の方は入院をおすすめしています。いずれも症例は増加傾向にあります。

診療科メニューへ

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 113 6.61 7.44 0.00% 74.50
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 101 10.74 13.39 0.00% 71.02
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 60 5.80 7.85 1.67% 70.12
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 11.56 12.52 0.00% 66.03
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 32 22.88 11.72 0.00% 70.00
コメント

当科では日本泌尿器科学会において認定された泌尿器科専門医らによるプロフェッショナルな泌尿器外科の急性期医療を中心に行っています。特に手術の低侵襲性を追求し、ほぼ全ての主要術式を負担の少ない腹腔鏡下手術・ロボット支援手術で行い治療成績の向上とともに患者さんにやさしく満足していただける医療の両立を目指しています。
対象臓器は腎、尿管、膀胱、尿道などの尿路(尿の通り道)および前立腺、精巣、陰茎などの男性生殖器(精路)、内分泌臓器の副腎、さらに後腹膜(腹膜に包まれた腸の裏にある場所)に発生する疾患です。具体的には副腎腫瘍、腎臓がん、腎盂・尿管癌、膀胱癌などの尿路がん、前立腺癌などの悪性腫瘍や前立腺肥大症、尿路奇形、尿失禁(尿漏れ)などのさまざまな疾患に対してプライマリーケアから先端医療まで外科的治療、放射線療法、化学療法、内科的治療などを単独もしくは組み合わせた治療を行っています。

◇ 平成28年度の治療実績

  • 平成28年度の総手術件数は年間959件。

(入院部門)

入院患者総数は866人で、そのうち腫瘍性病変に関連する入院目的が741人(86%)で最も多く、入院手術件数は440件で術式別では腹腔鏡下手術179件(うちロボット支援下手術104件)、開腹手術3件、経尿道的内視鏡手術239件、その他19件でした。疾患別では腫瘍に対する手術が最も多く、その内訳は副腎腫瘍3件、腎腫瘍・腎盂尿管腫瘍46件、膀胱腫瘍207件、前立腺腫瘍118件などでした。

(外来部門)

外来患者総数は7,659人、初診・紹介患者数の1ヶ月平均は49人、外来手術件数は519件、膀胱内視鏡検査(ファイバースコープ検査)は882件でした。

 

診療科メニューへ

精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害 16 58.69 20.63 0.00% 61.56
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 - - 16.16 - -
010250xxxxxxxx アルコール依存症候群 - - 9.71 - -
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 20.45
コメント

上位は、1)気分障害(うつ病、双極性障害)、2)アルコール使用障害となっており、うつ病などの気分障害が最多となります。また、アルコール使用障害については、5年前より短期間の心理教育プログラムを実施し、断酒意欲のある患者さんの支援をしています。
当院には精神病床がなく一般病床の入院となるため、著しく落ち着きを欠く場合、興奮が強い場合、自傷行為や自殺のおそれが高い場合などは当院での治療対応ができません。また、原則として患者本人の治療意欲があり、治療契約が結べることが必要になります。
平成29年度も、平成28年度と同様に気分障害が多い傾向にあります。
身体合併症の治療が必要な場合や身体疾患による症候性の精神障害についても、可能な限り対応をいたします。

診療科メニューへ

麻酔科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 2.65 3.64 11.54% 42.19
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 21.25 - -
161070xxxxx10x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等21あり 定義副傷病なし - - 6.93 - -
010310xx99x1xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2あり - - 15.57 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし - - 4.19 - -
コメント

上位3位までの疾患について、麻酔科内の症例割合は、1位が22.8%・2位が7.9%・3位が6.1%を占めています。

当院は日本麻酔科学会の認定する麻酔科認定病院です。
麻酔科では当院で行われる年間5,779例の手術のうち、局所麻酔のみで行われる手術(小手術)を除いた約3,947例の手術麻酔を担当しています。(平成28年度)
最近では高齢者や多くの合併症を持った患者さんの手術が増加しています。
心臓・大血管手術、食道癌に対する手術、肝切除などの侵襲の大きな手術の術後は集中治療室で多くの職種が協力して治療に当たります。
麻酔科はその中心としてリーダーシップを発揮しています。
当院の集中治療部は、①重症救急患者の初療、②集中治療室での重症患者管理、③災害時の急性期医療対応の役割を担っています。
広島圏域二次医療圏では、救急救命センターは南部の市街地区に偏在しており、当院近辺から救命センターへ搬送には30分を要します。
当院は二次医療機関ではありますが広島市北部の中核病院として当院周辺での救命救急センターで対応すべき事例にも対応しなければなりません。
集中治療部ではこのような重症救急患者の初療を担当します。心肺停止患者に対するBLS/ACLSによる蘇生処置、多発外傷患者に対する救命処置と画像診断および根本治療の優先順位の決定、意識障害・ショック症例の初期治療と専門医への引継ぎなど、初期治療が転帰に影響する程の傷病の初療を担当し、続く根本治療が円滑に行えるよう各診療科と協力して治療に当たります。

診療科メニューへ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 179 28 25 67 27 32 1 7
大腸癌 76 68 36 82 - 37 1 7
乳癌 40 25 17 - - 10 1 7
肺癌 133 64 104 203 - 108 1 6,7
肝癌 17 25 20 - 104 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

指標の定義

5大がんについて初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数としています。患者数は延患者数としています。

◇ 5大がんのICD10分類

  • 胃がん:C16$
  • 大腸がん:C18$、C19、C20
  • 乳がん:C50$
  • 肺がん:C34$
  • 肝がん:C22$
コメント

当院では5大がんのいずれにおいても専門の医師が在籍しており、どの進行度のがんに対しても、積極的に診療しております。
再発症例についても腫瘍内科が中心となり抗がん剤治療を、また、終末期の患者様にも緩和ケア内科、緩和ケアチームが積極的に身体的、精神的サポートを行っております。
このようにがんの診断から、抗がん剤治療・放射線治療・手術治療、患者の精神的、肉体的、社会的不安の軽減まで全領域にわたって患者さんに寄り添う治療を目指しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 45 9.36 48.27
中等症 110 10.73 76.71
重症 24 11.46 85.96
超重症 14 10.29 85.36
不明 - - -
指標の定義

成人の市中肺炎において、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を表示しています。
入院契機病名および最も医療資源を投入した傷病名が、どちらもJ13~J18$に限定しています。

コメント

市中肺炎とは元気に日常生活を送っている人に起きた肺炎です。
高齢者の肺炎が増加しています。
当院では8割程度が中等症以上の重症度であり、2割程度は重症、超重症です。
重症度が上がるほど平均年齢が高くなり、重症以上では80歳を超えています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 33 7.3 70.91 3.03%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 300 20.3 77.22 43.67%
その他 29 18.07 73.79 27.59%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 12 10.25 57.08 0.00%
その他 18 15.06 70.56 5.56%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
指標の定義

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を、発症日から3日以内、その他に分類し表示しています。
最も医療資源を投入した傷病のICD10(G45$,G46$,I63$,I65$,I66$,I675,I679)別に集計しています。

コメント

当院は主に広島市北部~広島県北部の幅広いエリアの脳血管障害治療を行う中核病院として患者様の急性期治療に力を入れています。
昨年は4、5時間以内の脳梗塞急性期治療、tPA治療を33例に実施しました。
脳神経内科は、脳神経外科・放射線科と共同して脳梗塞超急性期の血行再建療法に力を入れています。
ここ数年で脳梗塞患者の入院患者が増えてきています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科外科整形外科脳神経外科心臓血管外科産婦人科眼科耳鼻咽喉科皮膚科泌尿器科

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 859 0.15 1.14 0.00% 68.06
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 145 1.08 5.54 0.69% 74.12
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 134 1.10 3.06 1.49% 70.97
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 121 0.37 7.10 0.00% 68.59
K6152 血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術) 103 1.14 8.90 0.97% 76.63
指標の定義

診療科別に手術件数の多い順に上位5術式について表示しています。
(手術は、主たる手術をカウントしています。)
(輸血関連(K920$)は除外しています。)
(創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術、軽微な手術、およびすべての加算は除外しています。)

コメント

DPCの請求上、当院では「内科」の中に総合診療科、循環器内科、消化器内科、内分泌・糖尿病内科、呼吸器内科、血液内科、脳神経内科等が含まれています。
上位3位までの疾患について、内科内の症例割合は、1位が37.1%・2位が6.3%・3位が5.8%を占めています。

「内科」を専門別に分けると、
「消化器内科(内科内の症例割合:約78.2%)」の上位3位までの疾患(治療)を見た指標は、

  1. K7211:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)…【内科全体1位】
  2. K6532:内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)…【内科全体2位】
  3. K721-4:早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術…【内科全体4位】

「循環器内科(内科内の症例割合:約18.1%)」の上位3位までの疾患(治療)を見た指標は、

  1. K5493:経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの…【内科全体3位】
  2. K5491:経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの
  3. K616:四肢の血管拡張術・血栓除去術

となっています。

消化器内科/内視鏡内科では、消化器全般にわたる診療を担当しています。
具体的に臓器を挙げますと食道、胃、大腸、小腸の消化管チーム、胆嚢、膵臓の胆膵チーム、肝臓の肝臓チームです。これらの診療は医師だけではなく看護師、薬剤師、栄養士、メディカルソーシャルワーカー、事務職員などと連携し行っています。我々のモットーは患者さんに負担の少ない治療、患者さんに最高の医療を提供することです。

循環器内科では循環器内科医師のみではなく、多職種(看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、検査技師、メディカルソーシャルワーカーほか)で構成した心不全チームにより心不全患者さんの診察にあたっています。心臓リハビリを早期から積極的に行っており、高齢患者さんに対しては入院早期から多職種介入による退院支援を行って患者さん、ご家族が満足できる医療を心がけています。
狭心症でご紹介いただいた患者さんには、外来受診時に心臓CT検査を行って病変を精査し、十分にご説明したうえで短期入院によるカテーテル検査、必要があればカテーテル治療を行っています。胸痛の緊急患者さんには24時間、365日、いつでも対応しています。

呼吸器内科・腫瘍内科では最新鋭の気管支内視鏡システムを用いて、2泊3日で肺がんの診断を実施しています。遺伝子変異も積極的に精査できています。さらに外科、放射線科、病理診断科との合同カンファレンスで増加し続ける肺癌症例について若年から高齢者まで最良の治療を検討し、進行がんについては免疫療法、分子標的薬、通常の抗がん剤などで最新かつ標準的な治療を実施し、成果をあげています。

診療科メニューへ

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 98 1.00 2.32 0.00% 68.21
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 77 1.39 5.61 0.00% 63.31
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 68 2.24 9.74 5.88% 72.87
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 63 1.65 6.51 3.17% 71.52
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 39 2.74 13.82 7.69% 68.49
コメント

当科では手術方法ごとにクリニカルパスという治療予定表を作っています。手術の大きさによって術後の入院期間は異なりますが、最短の期間で体力を回復し早期に社会復帰ができるよう配慮しています。

診療科メニューへ

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 593 2.99 11.91 10.79% 67.98
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 93 2.00 22.03 18.28% 76.15
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 28 3.89 20.11 53.57% 69.25
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 27 3.56 17.81 51.85% 73.67
K1911 脊髄腫瘍摘出術(髄外) 24 5.29 18.38 29.17% 62.13
コメント

当院では顕微鏡視下脊椎脊髄手術を中心に診療を行っており、特に脊柱管狭窄症においては全国でも有数の手術症例数を行っております。比較的まれな疾患である脊髄腫瘍も数多く行っております。手術用顕微鏡を使うことによって高齢患者さんであっても安全確実な手術を行うことが可能となっています。
その他、最近では人工膝関節置換術も多く行っております。

診療科メニューへ

脳神経外科・脳血管内治療科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 57 0.46 9.60 21.05% 79.65
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 25 1.72 19.84 20.00% 65.48
K178-4 経皮的脳血栓回収術 24 0.00 21.08 54.17% 78.54
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 22 10.09 30.36 22.73% 61.41
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 19 3.84 41.47 73.68% 66.26
コメント

当院では、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の外科的治療や脳腫瘍、頭部外傷に対する手術が多く、緊急性の高い疾患に対しては迅速な治療を行っております。無症候性(特に自覚症状がない)ながら、脳卒中や脳の症状が出現することが将来、危惧される方には、外来で十分な説明の時間をとりまして、予防的な外科的治療も積極的に取り組んでおります。
当院の特徴として、安佐地区などの医療機関と連携した医療体制があります。特に、脳梗塞に対する急性期血行再建術(カテーテルを閉塞部位まで誘導して血栓を回収する治療)、脳出血に対する血腫除去術、慢性硬膜下血腫に対する手術ではご高齢の患者さんが多いことから、入院中から積極的にリハビリテーションに取り組み、近隣の病院に引き継いで自宅退院を目標にしていただいています。

診療科メニューへ

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 52 0.00 1.00 0.00% 69.50
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 25 0.56 13.04 12.00% 71.80
K610-3 内シャント設置術 24 0.04 1.04 8.33% 74.29
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 22 1.95 9.09 0.00% 77.91
K5602 大動脈瘤切除術(弓部) 18 2.67 35.33 27.78% 69.17
コメント

当院では心大血管手術のみならず、末梢血管手術や静脈瘤手術にも力を入れており、手術症例数では上位を占めています。

低侵襲治療であるステントグラフト治療の症例数も多く、通常の手術とステントグラフト治療を組み合わせたハイブリッド手術も多く行っています。

診療科メニューへ

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 100 4.26 8.07 0.00% 32.42
K877 子宮全摘術 78 1.19 8.09 0.00% 48.96
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 59 2.05 8.03 0.00% 30.54
K867 子宮頸部(膣部)切除術 48 1.06 1.08 2.08% 45.83
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 43 1.26 5.07 0.00% 40.91
コメント

選択帝王切開も緊急帝王切開も、地域の中核病院らしく、絶対数が多くなっています。
子宮全摘術が多く行われています。腹腔鏡下子宮全摘術や腹腔鏡下子宮筋腫摘出術も施行されています。
なお、内視鏡下手術をひとまとめにすると年間約100例になります。その中では卵巣腫瘍の手術が多くなっています。
悪性腫瘍手術は悪性腫瘍ごとの手術に集計されるため、統計上の絶対数の上位に入れません。

診療科メニューへ

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 541 1.00 3.04 0.37% 77.15
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 60 0.98 10.22 0.00% 66.45
K2683 緑内障手術(濾過手術) 19 1.00 10.42 0.00% 75.21
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 10 1.00 4.80 0.00% 74.10
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズ挿入) 10 1.10 6.40 0.00% 77.50
コメント

緑内障手術は主にろ過手術を行っている。糖尿病合併症として難治性の血管新生緑内障も多く含まれており入院期間はやや延長している。
当院の医療圏は比較的広く、外来通院が難しい状況がある。
他病院に比べてやや長期入院となっているが、十分な術後経過をみることを重要視している。
網膜硝子体手術については、他病院と比較して、網膜剥離や糖尿病網膜症の割合がやや多い、比較的重症例の割合が高く入院日数が長い傾向にある。

診療科メニューへ

耳鼻咽喉科・頭頚部外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 55 1.22 6.67 0.00% 17.00
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 28 1.18 1.71 0.00% 60.39
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 22 1.00 5.14 0.00% 59.18
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 18 1.67 6.78 0.00% 59.17
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 16 1.06 4.88 0.00% 58.75
コメント

当科では、広島市北部や西中国山地地域の耳鼻咽喉科の中核病院として、掛かりつけの先生と協力しながら診療にあたっています。小児の滲出性中耳炎や扁桃炎を始め、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)やのど(咽頭、喉頭など)の腫瘍、頸部(甲状腺、耳下腺など)の腫瘍の手術を含めた治療を行っています。
腫瘍に対しては放射線治療医ともカンファレンスを行い、手術、放射線、抗がん剤による治療を選択して組み合わせて行います。より高度な治療が必要と考えられる場合には、広島大学病院や県立広島病院と連携をとりながら治療を行っています。
また、入院治療が必要なめまいや突発性難聴、顔面神経麻痺、扁桃周囲腫瘍などの重症感染症にも対応しています。

診療科メニューへ

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 66 0.91 6.71 3.03% 75.52
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上12㎝未満) 15 0.80 3.33 0.00% 45.47
K013-21 全層植皮術(25㎠未満)
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上)
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上4㎝未満)
コメント

当科における手術件数のTOP3は、1)皮膚悪性腫瘍切除(66例)2)皮膚、皮下腫瘍摘出術(15例)3)全層植皮術(8例)と皮膚悪性腫瘍の切除件数が多いことが特徴です。また、切除にともない植皮・皮弁での再建を行うことも多く、県内でも有数の症例数を当科で手術しています。悪性腫瘍に対し、術前の画像検査、術後の病理検査で適応を見極め、必要に応じリンパ節生検、リンパ節郭清まで当科で完結させ、また術後化学療法まで含めて可能な限り当科で行っています。なお、局所麻酔で行う良性腫瘍は、ある程度小さいものについては当院では件数が多いため外来手術とすることが多いです。いずれの症例も高齢化等による影響か年々増加傾向にあります。

診療科メニューへ

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 177 1.67 3.63 0.56% 73.07
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 88 2.55 7.23 0.00% 70.72
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 45 2.51 7.80 0.00% 68.00
K797 膀胱内凝血除去術 24 0.75 10.17 0.00% 78.54
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 0.64 9.45 9.09% 72.41
コメント

当科では泌尿器外科手術の経験を豊富に持ち日本内視鏡外科学会・日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会のすべての学会において厳しい審査を受け、その高い手術技術が国際的にも評価されている腹腔鏡技術認定医が手術を担当しています。
さらにロボット支援下腹腔鏡下手術は日本泌尿器科学会/日本泌尿器内視鏡学会が認定したロボット支援下手術指導医のもと腹腔鏡技術認定に加えロボット手術のライセンスを取得した医師が手術を担当しています。
腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術の特徴は皮膚に小さな穴(5㎜~1㎝程度)を空けて、その穴から二酸化炭素を入れて空間を作り、鉗子などの機器を体内に入れてすべての手術をお腹の中で行います。泌尿器科領域の臓器は後腹膜(お腹の後ろ側)にあるため従来の開腹術では大きな皮膚切開が必要ですが、腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術は従来の開腹術に比べて皮膚や筋肉を切開する必要がないため、術後の疼痛が軽く、早期離床、早期社会復帰が可能となります。当科では一般には開腹手術で行われている術式もほぼ全て腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術で行っており、転移などを有し病気が極めて進行している場合、炎症や過去の手術既往などで強度の癒着があるなどの限られた症例を除いて、多くの患者さんに対して施行しています。当科では現主任部長が就任した2010年度以後およそ900件以上の腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術を行い開腹手術への移行は1%以下、輸血も1%以下でした(2016年度末まで)。悪性腫瘍に対する手術では臓器機能温存にも配慮し術後のQOL(Quality of Life)の向上を担保しながら制癌効果においても腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術の実績は従来の開腹手術と同等以上の結果を得ています。
特にロボット支援腹腔鏡下手術は世界最先端のダヴィンチXiを使用した精密な手術が可能で2016年度は年間104例の患者さんがダヴィンチXiによるロボット支援腹腔鏡下手術を安全に受けられました。

診療科メニューへ

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.11%
180010 敗血症 同一 37 0.32%
異なる 31 0.24%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 76 0.55%
異なる - -
指標の定義

播種性血管内凝固症候群(MDC6:130100)、敗血症(MDC6:180010)、その他の真菌感染症(MDC6:180035)、手術・処置等の合併症(MDC6:180040)について、入院契機病名(MDC6)の同一性の有無を区別して症例数と発生率を表示しています。

コメント

手術・処置等の合併症(MDC6:180040)は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現で、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類となります。
当院は0.09%でした。

更新履歴

2017/09/27
病院指標を公開しました。

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要