医療関係者の方へ

循環器内科

循環器内科後期研修プログラム

【プログラム責任者】
 土手慶五

【指導スタッフ】
 加藤雅也 佐々木正太 小田登
 中野良規 香川英介
 他 シニアレジデント

(1)目的

 卒後初期研修の終了後、専門分野における高度な知識と技術の修練を図り、循環器内科の診療に関する優れた医師を育成すること。修練期間は原則3年間であり、卒後3年目以降の初期研修を終了したものを対象とする。当院は循環器専門医制度研修施設であり、循環器内科専門医の受験資格取得も可能である。また当プログラムはでカテーテルしかできない(あるいはいしない)偏った循環器医の育成ではなく、循環器全般の広い知識をいかしたgeneralな視点にたてるチームリーダーとしての基礎を確率することを目標とする。

安佐市民病院循環器内科部門は、
 平成3年12月1日に新病棟開設、シネアンギオ装置導入。
 平成4年5月1日には、CCUが開設。平成11年4月、循環器科として独立した。
 現在はCCU4床、一般病棟約30床である。

 年間の一般病棟入院患者は1,000名を超える。疾患の特性上、救急患者が多く年間500例以上が救急車にて当科へ搬送され、うち多くの症例はCCUへ入院となる。高齢化社会や生活習慣の変化から今後も循環器疾患は増加すると考えられる。

(2)研修期間

 3年間(プログラム内容により変更可能)

(3)研修プログラム

【初期修練 循環器内科1年目】

 臨床医としての基本的考え方と初期訓練

  • 病歴、問診、理学的所見のとりかた。患者さんとの接遇
  • 上級医につきインフォームドコンセントについて学ぶこと

 循環器科の臨床における基本手技と診療

  • 心エコー図検査の基本手技と診断
  • 心臓カテーテル検査の目的、手技および評価

 循環器科救急疾患(急性冠症候群、心不全、大動脈解離症、肺塞栓症)をスタッフおよび後期レジデントの指導下に診断し治療を研修。

【後期修練 循環器内科2-3年目】
  • 筆頭術者としての心臓カテーテル検査の完遂
  • 心臓核医学検査、心臓CT検査の理解と読影
  • 電気性理学的検査の施行と理解
  • ペースメーカー植え込み手術の補助および施行
  • 単純冠動脈病変にたいするカテーテル治療
  • スタッフ医師とともに3次救急当直
  • 臨床研修テーマをもち、統計学的処理の習得
  • 全国学会あるいはAHA, ACCでの発表

(4)学会発表 2013年度

発表演題 計50題 (シンポジウムを含む)
日本循環器学会総会 8題
心臓病学会 12題
インターベンション学会 12題
他、座長あるいは地方会での発表

(5)非侵襲的循環器疾患検査

心エコー図検査 2757件(経食道心エコー検査も含む)
心臓CT検査 1200件

(6)侵襲的検査および治療

心血管造影検査 868件
PCI
322件
ペースメーカー植え込み(CRT, ICD含む) 73件

(7)1週間の予定表 (2年次)

カンファ カンファ カンファ カンファ カンファ
午前 救急外来 心エコー 救急外来 外来 心エコー
午後 心カテ 心カテ ペースメーカー植え込み
症例検討
心カテ 研究日
朝のカンファレンス
  1. 心エコー  月・水・金曜日
  2. 抄読会   火曜日
  3. 冠動脈造影 木曜日
心エコー図検査

 定期検査は午前中に循環器科医師、あるいは臨床検査技師さんの協力を得ながら施行している。心エコー検査の目的、実手技について学ぶことができる。研修期間中、受け持ち患者の所見については理解しておくこと。

心カテーテル検査と治療

 原則毎日午後からの予定。心血管造影検査、カテーテル治療に原則研修医は参加し、検査と治療の目的、内容について理解を深める。

症例検討

 毎水曜日午後にPCI strategyの確認。また研修医は代表症例について presentationを行う。

後期レジデンシー終了後、当科を巣立った先生の近況

 レジデンシー終了後、当科を巣立った先生の近況

着任  期間(年) 進路と現在の勤務先
平成4年 2 大学帰学 広島市内病院勤務
平成5年 2 大学病院助手
平成6年 2 在職中結婚 バージニア留学 当院部長
平成7年 2 在職中結婚 大学帰学 安佐医師会開業
平成8年 3 大学帰学 県立病院勤務
平成9年 4 大学帰学 市内病院勤務
平成10年 3 大学帰学 ニューヨーク留学 広島市にて勤務
平成11年 3 大学帰学 学位取得 結婚休職
平成12年 2.2 在職中結婚 結婚休職
平成12年 0.8 結婚 出産退職
平成13年 3 在職中結婚 ニューヨーク留学 福山市勤務
平成14年 3 大学帰学 市内病院勤務
平成15年 3 在職中結婚 倉敷市にて勤務
平成16年 3 倉敷市 勤務
平成17年 3 名古屋市にて勤務
平成18年 3 当院 副部長
平成19年 3 東京都勤務
平成20年 3 広島大学 大学院

 当科では後期レジデント終了時、本人の希望に沿った進路をバックアップしてゆく体制にあります。後期研修中、広島大学病院の循環器科へ入局希望される方も歓迎いたします。
 後期研修中でも希望があれば、当院の総合診療内科、救命救急科、心臓血管外科を数ヵ月単位でローテション可能。

 また、当院の診療圏である広島市北部、安佐地区、県北地域で地域医療に従事されたい方、開業を目指す方の研修の場としての機能も。

 大学病院との共同研究もあり、希望すれば週に1回の研究日を設けている。

■循環器内科へメールを送る
cardio@asa-hosp.city.hiroshima.jp

最後に

 循環器科は、救急症例や急変例が多く、夜間休日の呼び出しが多い科でもあります。逆に言えばクリティカルな症例を多く経験することで、高度な診断能力と治療 技術が学べます。総合診断能力を身につけることができ、一般の救急外来の現場でも柔軟に対応できるのが当科の特色です。向上心とバイタリティのある方を募 集しています。

 また、後期研修は、初期研修とは違いある程度の融通性があります。プライマリケアや地域医療に興味がある方にも、循環器科の専門性は十分に生かせるものと確信しています。

実際の心カテ風景
実際の心カテ風景

発表 発表
発表

レクリエーション
レクリエーション

  Fine system (Friday night express)
後期レジデンシーの先生は月に1度、金曜日の夜から月曜日の朝まで完全オフの日を設定しています。その間は呼び出しを受けることがありませんので、個々人で余暇に使う等の自由な時間となります。
 最近ではFineを利用し、九州へのドライブや京都旅行に行かれたそうです。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
2人中2人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要