医療関係者の方へ

心血管疾患専門医

心血管疾患専門医 養成プログラム

研修目標

  1. 心筋梗塞、心不全、肺塞栓、大動脈疾患の診断から治療までの専門的手技の修得
  2. 臨床データをまとめ、自分で考える能力を身につけること。

必須の研修内容

1)基本手技
  1. 問診のとり方
  2. 心電図、レントゲン写真の読み方
  3. 負荷心電図の読み方
  4. 24時間心電図の読み方
  5. CT検査の読み方(心臓、大血管の所見の読み方)
  6. MRI検査の読み方
  7. RI検査の読み方
  8. 人工呼吸器の管理
  9. 経胸壁心エコー図の修得
  10. 内頚静脈穿刺、大腿静脈穿刺による中心静脈確保
  11. 動脈ラインの確保、動脈シースの挿入
2)1年目から行う専門手技(循環器内科)
  1. 頸動脈エコー検査の修得
  2. 経食道心エコー検査の修得
  3. 大動脈内バルーンパンピング(IABP)の挿入と管理
  4. 経皮的人工心肺装置(PCPS)の挿入と管理
  5. 一時的ペースメーカーカテーテルの挿入と管理
  6. スワン・ガンツカテーテルの挿入と管理
  7. 冠動脈造影・左室造影検査
  8. ペースメーカー植え込み術および周術期管理
3) 1年目から行う専門手技(循環器外科)
  1. 腹部末梢血管手術の第一助手
  2. 心臓胸部大動脈手術の第二助手
  3. 人工心肺装置着離脱の第一助手
4)2年目以後に行う専門手技(循環器内科)
  1. 末梢血管拡張術(PTA)
  2. 両室ペースメーカー植え込み術(心臓再同期療法)およびその管理
  3. 植え込み型除細動器植え込み術およびその管理
  4. 冠動脈インターベンション治療:経橈骨動脈、経大腿動脈、経上腕動脈
  5. 大動脈ステントグラフト内挿術の第一助手
5)2年目以後に行う専門手技(循環器外科)
  1. 腹部末梢血管手術の術者
  2. 心臓胸部大動脈手術の第一助手
  3. 人工心肺装置着離脱の術者
  4. 大動脈ステントグラフト内挿術の第一助手
6)データ収集、プレゼンテーション・統計について修得する
  1. エクセル、ファイルメーカーによるデータ管理
  2. 動画編集
  3. 統計のやり方・考え方
  4. パワーポイントによるプレゼンテーションの作成
7)学会、ライブ、シンポジウム、研究会への参加
  1. 日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション学会、日本胸部外科学会、日本心血管外科学会の地方会はもちろん、総会での発表
  2. ライブデモンストレーションへの参加
  3. 全国研究会、地方研究会、シンポジウムへの参加・発表
8)論文執筆

日本語論文のみならず英文論文の執筆および投稿の基本を学ぶ

  1. 症例報告
  2. 臨床研究

指導体制

指定・認定
日本内科学会認定内科専門医教育病院、日本外科学会認定医制度修練施設、日本循環器学会認定循環器専門医指定研修施設、日本心血管インターベンション学会研修施設

1)研修責任者

 土手 慶五(副院長・循環器内科部長)
   
昭和58年広島大学卒業
  日本循環器学会専門医
    日本内科学会認定内科指導医
    日本心血管インターベンション学会指導医
    日本心血管インターベンション学会評議員
    日本心臓病学会特別正会員(FJCC)

 片山 暁(心臓血管外科部長)
 平成8年広島大学卒業
 心臓血管外科専門医

2)医師数

循環器内科  常勤医 9名、非常勤医 2名
心臓血管外科 常勤医 2名、非常勤医 2名

3)病床数

52床

4)入院患者数

平成24年度
循環器科   1,066名/年
心臓血管外科 347名/年

5)検査数、手術件数等

 循環器科および心臓血管外科の実績をご参照ください。

研修プログラム(あくまで一例です)

1年目

4-6月 7-9月 10-12月 1-3月
循環器内科 心臓血管外科

2~3年目

4-6月 7-9月 10-12月 1-3月

循環器内科
心臓血管外科

救急部

循環器内科
心臓血管外科

 2年目以後の循環器科、心臓血管外科のローテーションは将来の希望により組み替えることができます。2年目以後に救急部の研修も行います。

宿日直

 月に1~2回(2年目以後は救急部の宿日直)

修得できる専門医制度

 日本内科学会認定内科医もしくは日本外科学会認定外科専門医

 以後の循環器専門医(日本循環器学会認定)、心臓血管外科専門医(心臓血管外科専門医認定機構認定)を取得する修練期間と認められます。

大学医局への入局

 もちろん大学医局への入局も可能です。入局して広島大学病院での部厚い人間指導を受け、交流ができます。研修中に広島大学での研究を開始することも可能です。

後期研修修了後のコース

 研修後は入局し学位取得・留学する先生、大学で不整脈グループのチーフとして活躍している先生、松江、倉敷、豊橋、東京の大病院でインターベンション技術を磨く先生、広島の地域医療に情熱を燃やす先生と様々です。また、がんセンターで一般外科医として活躍している先生やフランスに心臓血管外科医として臨床留学している先生もいます。

現在の後期研修医・レジデント

循環器内科 出身大学
広島大学3名

3名

循環器外科(心臓血管外科) 出身大学
広島大学2名
鳥取大学1名
3名

緊急カテーテル検査、治療の場面

 後期研修医みずからが積極的に手技を行います。

緊急カテーテル検査、治療の場面

早朝カンファレンス

 循環器内科は平日朝7時半から毎日カンファレンス(心エコーカンファ、心カテカンファ、抄読会)を行っています。(夕方のカンファレンスは一切しておりません!!)

早朝カンファレンス

心臓手術修錬中

心臓手術修錬中

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要