医療関係者の方へ

腫瘍内科医

腫瘍内科医 養成 後期研修プログラム

特徴

  • 腫瘍内科コースは、目覚ましい発展を遂げているがん薬物療法を専門とする。
  • 腫瘍内科医(メディカルオンコロジスト)の育成を目的とする。
  • がん患者をサポートしたり最良の薬物治療を提供することに情熱を燃やせる人材が望ましい。
  • がん患者の治療全領域に渡る指南役もめざす。
  • 日本臨床腫瘍学会の専門医受験資格を修得するのに必要な研修ができる。
  • また確実にがん薬物療法専門医となることを目指す。

指導医

北口 聡一 (平成元年卒) 腫瘍内科主任部長 兼 呼吸器内科部長
医学博士
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、指導医、評議員
日本肺癌学会評議員
日本内科学会認定総合専門医、指導医
日本呼吸器学会専門医、指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医、指導医、評議員
広島がん治療研究会幹事

習得内容

  • 主要な悪性腫瘍に対する薬物療法
  • 各種がんの診断治療に必要な手技の修得 (本人の専門分野を中心に:胸腔穿刺、胸腔ドレーン留置、気管支内視鏡、骨髄穿刺、上部下部消化器内視鏡、腹部超音波、ポート留置、オンマヤリザーバーの取り扱い)
  • がん患者およびその家族への病態説明や治療の指針を説明ができ、良好な信頼関係を確立すること。
  • 腫瘍内科に関する各科へのコンサルテーション能力、各科とのマネージメント能力
  • 腫瘍内科学全般の知識
  • 外来化学療法の管理能力
  • 抗悪性腫瘍薬の臨床薬理
  • 支持療法や症状緩和治療
  • 臨床試験への参加(広島大学、JCOG、WJOG)
  • 当院へ帰院後の貢献を条件に希望があれば東京築地の国立がん研究センター中央病院への任意研修(1週間あるいは1カ月から2カ月)も考慮する。
対象疾患(肺がん、消化器がん、乳がんを3本柱とする)

 肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、悪性リンパ腫など血液疾患、原発不明がん、悪性中皮腫(胸膜、腹膜)、縦隔腫瘍、胚細胞腫瘍、希少がんなど主に固形がんを対象としています。

カンファレンス

 消化器(月曜日)、乳腺(火曜日)、呼吸器(水曜日)、肺癌(金曜日)
キャンサーボード(水曜日)の出席は必須とする。

診療体制
  • がん入院患者の診察、薬物療法(呼吸器内科、外科、消化器内科などと連携)
  • 化学療法センターでの腫瘍内科受診患者診察、薬物療法の研修
  • 化学療法センター(外来化学療法室)の当番

腫瘍内科 長期スケジュール概要

1年目 2-3年目
    • 腫瘍内科ベースに専門科必須科を研修

専門科:本人の特に専門としたい臓器に関する科

必須科:腫瘍内科の基礎となる科
    放射線、血液内科、病理科、緩和ケア内科

(専門科)

呼吸器内科
外科(消化器、乳腺など)
消化器内科
血液内科

(腫瘍内科の基礎として必須科)

血液内科1カ月
放射線科1カ月 兼任可能
病理科 1カ月 兼任可能
緩和ケア内科1カ月 兼任可能

  • 腫瘍内科中心で研修

1年に引き続き、専門科の研修を並列して継続しても良い(呼吸器、外科、消化器内科、血液内科など)

  • 他科の検査手技

(上部下部内視鏡、腹部超音波、気管支内視鏡、心臓超音波)の修練も継続可能

  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医修得に向けてサマリ作成
  • 日本臨床腫瘍学会など学会発表
  • 論文作成
  • 臨床試験への参加(広島大学、JCOG、WJOG)
  • 臨床試験の作成
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要