医療関係者の方へ

外科(専門医)/心臓血管外科重点コース

外科専門医取得プログラム(心臓血管外科重点コース)

 per_res_ini_lat_v0005_p01

 

 

 

心臓血管外科スタッフ

(1)目的

 卒後臨床研修の修了後、専門分野の高度の知識と技術の修得を図り、心臓血管外科の診療に関する優れた専門医を育成する事を目的とする。
 このカリキュラムは、主として卒後研修2年終了後の医師が、心臓血管外科専門医を目指す医師を対象としている。修練期間は原則として3年間で、終了後は心臓血管外科チームのリーダーとしての診療ができる基礎を作り、併せて外科専門医試験の受験資格を取得することを目的としている。

(2)修練内容

A.初期修練(1年目)
  • 外科手技
    • 血管の処理を中心に基本手技を訓練
    • 具体的には腹部末梢血管の第一助手と心臓胸部大動脈の第二助手
    • 人工心肺装置の着離脱の第一助手
  • 知識
    • 周術期の病態把握をしっかり行い、呼吸循環器管理を訓練
    • 具体的には術前カンファレンスとICU・病棟管理
  • 学会発表:3回以上
  • 論文投稿:1編以上
B.後期修練(2・3年目)(この間に、一般外科修練:C)
  • 外科手技
    • 血管手術を中心に訓練
    • 具体的には腹部末梢血管の術者と心臓胸部大動脈の第一助手
    • 人工心肺装置の着離脱の術者
  • 知識
    • 心臓血管外科の専門知識の取得
    • 具体的には外来診療(初診・再診患者の診療)
    • 手術症例の第一主治医と後輩研修医の指導
  • 学会報告:5回以上
  • 論文投稿:2編以上
C.外科専門医のための修練
  • 卒後5年間で外科専門医を取得すべく一般外科修練
  • 具体的には約3~6ヶ月間、消化器外科・呼吸器外科にて修練
  • これにより外科専門医の必修疾患を経験

(3)指導体制

指導医 片山 暁

(4)学会発表(2013年度)実績

全国学会: 題
投稿論文:11編(うち英文1編)

(5)取得できる専門医

外科専門医

(6)年間別手術症例数

年間別手術症例数

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要