医療関係者の方へ

救急・集中治療部

基本方針

 日本救急医学会専門医資格取得を目標とし、救急科専門医としての知識・技術の習得を目指します。

 救急科専門医は、病気、けが、やけどや中毒などによる急病の方を診療科に関係なく診療し、特に重症な場合に救命救急処置、集中治療を行うことを専門とします。病気やけがの種類、治療の経過に応じて、適切な診療科と連携して診療に当たります。更に、救急医療の知識と技能を生かし、救急医療制度、メディカルコントロール体制や災害医療に指導的立場を発揮します。

 また、日本集中治療医学会認定の集中治療専門医の基礎的知識を習得します。

対象者

 2年間の初期臨床研修を修了し、さらに救急医学・集中治療医学の知識と技能の習得を目指すものを対象とします。

研修期間

1年目
  1. 集中治療室を含めた高次診療部での患者診療を中心に,当院に搬入される救急事案に対して,専門医と協力して初期治療にあたる。
  2. 定期的に夜間外来において、walk-in患者の診察および処置にあたる。
  3. 週1回の頻度で抄読会を担当し、重要論文をsummarizeし、論文の意義について評価する。
  4. 学会発表:2回以上、論文投稿:1編以上
2,3年目
  1. 研修内容については、基本的に同様であるが、初期研修医の指導、希望に応じて他の診療科をローテートすることが可能である。
  2. 総合診療科担当医師の指導の元、総合診療外来を務める。
  3. 学会発表および論文投稿は、症例報告に留まらず疾患の病態・診断・治療に関するものを目指す。
  4. 希望に応じて数ヶ月単位で国内の他の医療機関での研修を積むことも可能である。
  5. BLS、ACLS、JATEC、JPTECなどのコースを受講し、またそのインストラクターを目指すことも可能である。
  6. 地域の中核医療機関に勤めるものとして、災害医療やメディカルコントロールの仕組みを知り、その仕組み作りや訓練に参画することも可能である。

指導体制

研修責任者

世良 昭彦(集中治療部主任部長、麻酔科部長)
昭和60年広島大学卒業
広島大学医学部臨床教授
日本救急医学会救急科専門医
日本集中治療医学会専門医
日本麻酔科学会専門医・指導医
麻酔科標榜医
ICLSコースディレクター

研修指導医

田中 裕之(集中治療部部長、麻酔科主任部長、緩和ケア内科部長)
昭和62年広島大学卒業
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本ペインクリニック学会専門医
日本心臓血管麻酔専門医(暫定)
JB-POT ACLSプロバイダー
PALSプロバイダー

田原 直樹(集中治療部部長、麻酔科部長)
平成4年広島大学卒業
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
ICLSコースディレクター
日本DMAT隊員
BLS、ACLS、JPTEC、JATECプロバイダー

久保 隆嗣(集中治療部部長、麻酔科部長)
平成5年広島大学卒業
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医

安氏 正和(集中治療部部長、麻酔科部長)
平成9年広島大学卒業
麻酔科標榜医
日本救急医学会救急科専門医

黒田 薫(集中治療部部長、麻酔科部長)
平成9年広島大学卒業
麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医

総合診療科・プライマリケア

加藤 雅也(内科・総合診療科主任部長兼循環器内科部長)
平成元年広島大学卒業
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本超音波医学会超音波専門医
腹部大動脈ステントグラフト指導医
日本高血圧学会高血圧指導医
日本心臓病学会特別正会員(FJCC)
日本プライマリケア連合会会員

循環器内科

佐々木 正太(循環器科主任部長)
平成3年久留米大学卒業
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定内科医・指導医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本高血圧学会専門医

心臓血管外科

片山 暁(心臓血管外科部長)
平成8年山梨医科大学卒業
広島大学医学部臨床教授
日本外科学会専門医
心臓血管外科専門医認定医機構心臓血管外科専門医
腹部ステントグラフト指導医

脳神経内科

山下 拓史(神経内科主任部長兼内科・リハビリテーション科部長)
平成元年 広島大学卒業
広島大学医学部臨床教授
日本神経学会認定神経内科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医

脳神経外科

川本 行彦(脳神経外科部主任部長兼リハビリテーション科部長、栄養室長)
平成元年 広島大学卒業
広島大学医学部臨床教授
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中認定医
TNT認定資格

当院の背景

 当院は広島市北部の中核病院として設立されました。以来地域の患者さんの診療に尽力してきましたが、救急・集中治療においては広島県北部や島根県南部からの患者さんの診療依頼にも応えています。

 歩いて来院される患者さんや救急隊からの直接収容依頼により来院される患者さん、近隣の医療機関からの紹介患者さんや救急隊とのホットラインによる収容依頼により搬入される患者さんなど疾患も重症度・緊急度も多彩な症例を多数診療しています。

 院内の診療科による協力体制も整っており、初療から専門医への連携もスムーズに行えることも当院の特徴です。

 この様な環境での診療を積むことにより、多種多様な疾患の初療から、集中治療室での重症患者管理までを学ぶことが可能です。

当院の救急医療の実績

当院の救急医療の実績

救急処置室

救急処置室

集中治療室(ICU)

集中治療室(ICU)

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要