医療関係者の方へ

後期研修医

後期臨床研修プログラムについて

当院は広島市をはじめ、広島県北部や島根県の総合病院および診療所、救急隊と密接な診療提携を行う地域の中核病院です。患者層は様々で、一次から三次救急まで多数の患者さんが来院されます。

各科の指導医は積極的に専門領域の高度先進医療を行っており、常に研修医への教育的配慮を心掛けるように努めております。
各科の垣根は低く、いつでも気軽に診療に関して相談できる体制をとっています。

当院における初期臨床研修の目的は、
「医師として果たすべき社会的責任を自覚し、日常診療で遭遇する疾病に対して適切に対応できる、基本的な診療能力を身につける」ことです。

  1. 初期臨床研修で学んだ診療知識と技術をもとに、自らの能力を発揮できる専門領域を選択し、指導医のもと、知識及び技術を学びながら生涯の医師像を形成する。
  2. 初期臨床研修で学んだ診療知識と技術を継続するため、積極的にプライマリケアや救命救急の現場を経験する。
  3. 後輩である初期臨床研修医の指導・教育を積極的に行う。指導を通じて、教えることの大切さや難しさを学ぶ。

まだ、自分の進路を決めていない医師も、後期研修の3年間で専門領域を選択できるプログラムを設けています。
後期研修の3年間は医師として最も重要な時期です。
自分の将来を見据え、熱意をもって研修に取り組み、有意義な時間を過ごして欲しいと思います。

広島市立安佐市民病院 研修プログラム責任 加藤 雅也

広島市立安佐市民病院 研修プログラム責任者
加藤 雅也
(内科・総合診療科主任部長、循環器内科部長)
平成元年卒

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要