医療関係者の方へ

修了後の進路/採用実績/先輩の体験談

修了後の進路

当院の初期臨床研修を終えた先生方のその後

2016shoki5

 

当院は新初期臨床研修制度が始まった平成16年度から初期臨床研修を行って参りましたが、これまで当院の初期臨床研修に採用したすべての研修医の先生が、2年間の研修を無事修了してそれぞれの道を歩んでおられます。

非常に優秀な先生方ばかりです。

平成26年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学リウマチ・膠原病科 広島市立広島市民病院 リウマチ・膠原病科
広島大学 第一外科 廣島記念病院 外科
広島大学 第一内科 広島市立安佐市民病院 消化器内科
広島大学 第一内科 庄原赤十字病院 内科
入局せず 諏訪中央病院 内科
岡山大学 麻酔科 岡山大学 麻酔科

平成25年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
京都大学泌尿器科 神戸市立医療センター中央市民病院 泌尿器科
広島大学 原医研腫瘍外科 広島大学 原医研腫瘍外科
広島大学 第二内科 広島赤十字・原爆病院 呼吸器科
広島大学 循環器内科 市立三次中央病院 内科
広島大学 第一内科 広島赤十字・原爆病院 消化器内科
広島大学 第二外科 広島市立安佐市民病院 外科
広島大学 第二内科 市立三次中央病院 内科
広島大学 第一外科 広島大学 第一外科

平成24年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 脳神経内科 広島大学 脳神経内科
入局せず 沖縄県立中部病院 内科・救急
広島大学 第一外科 福山循環器病院 心臓血管外科
入局せず 広島市立安佐市民病院 麻酔科
広島大学 小児科 JA尾道総合病院 小児科
広島大学 第二内科 三原医師会病院 内科

平成23年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 原医研腫瘍外科 広島市立安佐市民病院 外科
広島大学 第一外科 広島市立安佐市民病院 心臓血管外科
広島大学 第一内科 広島市立安佐市民病院 消化器内科
広島大学 脳神経内科 広島大学 脳神経内科
入局せず 広島市立安佐市民病院 麻酔科
広島大学 第二外科 広島市立安佐市民病院 外科

平成22年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 麻酔科 広島大学 麻酔科
広島大学 第二内科 広島市立安佐市民病院 呼吸器内科
入局せず 神戸市立医療センター中央市民病院 呼吸器外科
入局せず 広島市立安佐市民病院 総合診療科
広島大学 循環器内科 広島市立広島市民病院 循環器内科
広島大学 第一外科 福山循環器病院 心臓血管外科

平成21年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
入局せず 広島市立安佐市民病院 麻酔科
広島大学 第二内科 三原医師会病院 内科
広島大学 産婦人科 広島市立安佐市民病院 産婦人科
入局せず 広島市立安佐市民病院 麻酔科
広島大学 放射線診断科 広島大学 放射線診断科
広島大学 第二内科 広島市立安佐市民病院 呼吸器内科

平成20年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
入局せず 徳島赤十字病院 放射線科
広島大学 第一内科 庄原赤十字病院 内科
広島大学 小児科 広島市立舟入病院 小児科
広島大学 循環器内科 土谷総合病院 循環器内科
広島大学 耳鼻咽喉科 広島大学 耳鼻咽喉科
広島大学 第一内科 広島市立安佐市民病院 消化器内科

平成19年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
入局せず 広島市立広島市民病院 小児科
広島大学 産婦人科 広島市立安佐市民病院 産婦人科
広島大学 第二内科 吉島病院 呼吸器内科
広島大学 第二内科 東広島医療センター 呼吸器科
入局せず 大和高田市立病院 外科
広島大学 循環器内科 広島市立安佐市民病院 循環器内科

平成18年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 麻酔科 広島大学 麻酔科
広島大学 第一外科 広島市立安佐市民病院 心臓血管外科
入局せず※ 国立病院機構 長崎医療センター 外科
昭和大学 整形外科 昭和大学 藤が丘病院 整形外科
入局せず※※ 広島市立安佐市民病院 総合内科

※同院で後期研修後、長崎大学第二外科に入局
※※当院で後期研修後、現在名古屋の病院に勤務

平成17年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 産婦人科 JA廣島総合病院 産婦人科
広島大学 第一内科 広島市立安佐市民病院 消化器内科
広島大学 第一内科 県立広島病院 消化器内科
入局せず※ 広島市立安佐市民病院 外科
広島大学 第二内科 県立広島病院 呼吸器内科

※当院で後期研修後、広島大学原医研腫瘍外科に入局、現在は東京の病院に勤務

平成16年度初期臨床研修医

所属医局等 初期臨床研修修了後
広島大学 第二内科 北九州総合病院 内科
入局せず※ 広島市立安佐市民病院 外科
広島大学 第一内科 北九州総合病院 内科
広島大学 第一内科 広島市立安佐市民病院 循環器科
広島大学 第一内科 JA廣島総合病院  第3内科

※当院で後期研修後、広島大学原医研腫瘍外科に入局

採用実績

初期臨床研修医の採用実績

採用人数 応募人数 出身大学
平成28年度
8 (3)
 19 (9)
広島大学3名、島根大学1名、愛媛大学1名、徳島大学1名、久留米大学1名、産業医科大学1名
平成27年度
6 (2)
16 (6)
広島大学 6名
平成26年度
6 (2)
15(3) 広島大学2名、鳥取大学1名、宮崎大学1名、香川大学1名、高知大学1名
平成25年度 8 (2) 12(4) 広島大学 5名、佐賀大学 1名、大分大学 1名、福岡大学 1名
平成24年度 6 (3) 9 (4) 広島大学4名、琉球大学1名、福岡大学1名
平成23年度 6 (2) 14 (3) 広島大学5名、山口大学1名
平成22年度 6 (2) 17 (6) 広島大学4名、佐賀大学1名、埼玉医科大学1名
平成21年度 6 (3) 14 (6) 広島大学4名、島根大学2名
平成20年度 6 (1) 16 (2) 広島大学2名、山口大学1名、高知大学2名、長崎大学1名
平成19年度 6 (1) 16 (4) 広島大学5名、香川大学1名
平成18年度 5 (2) 12 (5) 広島大学2名、鳥取大学1名、長崎大学1名、北里大学1名
平成17年度 5 (3) 25 (6) 広島大学4名、香川大学1名
平成16年度 5 (2) 6 (2) 広島大学3名、山口大学1名、愛媛大学1名

※( )内は女性です。

もちろん、出身大学は問いません。広島出身以外の先生もおられます。さまざまな大学出身者がいる方が、互いに啓発し合い、尊敬し合うという好現象を実感しています。

先輩の体験談

初期研修医のひとこと(1年目初期臨床研修医)

安佐市民病院での研修について

 

2016shoki7sasabe広島市立安佐市民病院
平成28年度採用

1年目 初期臨床研修医
笹部 祥子(広島大学卒)

私が安佐市民病院での研修をお勧めする理由は3つあります。

まずは、症例を偏りなく経験できる点です。安佐市民病院は広域な医療圏を支える拠点病院です。このため「北の砦」と言われており、どんな患者さんも基本的に受け入れるので、有病率に沿って疾患を勉強することができます。特に救急外来では重症疾患への対応はもちろん、一見軽症に見える患者さんに隠れた緊急性を要するサインへの感度を磨くことができます。 

次に、小さすぎず大きすぎないちょうど良い病院の規模です。安佐市民病院の病床数は約500床という連携が取りやすい規模なので、他科の先生からも指導を受けることができます。また、受け持ち患者さんが多すぎて手が回らないということもなく、患者さんを丁寧に診ることができます。

そして、何よりもスタッフの暖かさです。安佐市民病院のスタッフは皆優しく、困った時に職種に限らずアドバイスを頂けて大変勉強になります。

今年の一年目研修医は5大学から集まっていて新鮮な空気で研修しています。研修はオン・オフがはっきりしていて休日は街に遊びに行ったり、仲間と食事をしたりしてリフレッシュしています。ぜひ一度見学に来て体験してみて下さい。 


 

2016shoki8okazaki広島市立安佐市民病院
平成28年度採用

1年目 初期臨床研修医
岡崎 孝宣(久留米大学卒)

4月は1年目の初期研修医全員が同じ部署に配属され、検査部や中央処置室での採血、エコーといった基本的な手技やお世話になるコメディカルの方と顔を合わせる所から安佐市民病院での初期研修は始まります。社会人としてのスタートをいきなり全力で行くのではなく、自分の職場にどういった人が働いているのか、一生の付き合いとなる同期との仲を深める時間をしっかりとってくださる、安佐市民病院はそんな人間味にあふれた病院です。

ゆったりしたスタートでありながら緩いわけでもなく、救急でのファーストタッチ数や豊富な症例数、先生方の患者さんへの熱意は、この病院で研修を頑張ろうという思いを奮い立たせてくれます。そんな病院だからこそ、先生方に質問もしやすく、また熱心に指導してもらえます。

安佐市民病院に少しでも興味を持たれた方は、まずは一度見学に来て、雰囲気を感じ取ってください。一緒に研修できる日を楽しみに待っています。

初期研修医のひとこと(2年目初期臨床研修医)

安佐市民病院での研修について

 

2016shoki9hibino広島市立安佐市民病院
平成27年度採用

2年目 初期臨床研修医
日比野 佑美(広島大学卒)

当院で初期研修医として1年間過ごした今、改めて当院を研修先として選んで間違いなかったと思っています。理由のひとつは「バランスの良さ」。病院規模に対する研修医の人数が多すぎず少なすぎず、一人の研修医が経験できる症例は、各診療科での研修においても日当直においても、数が十分にあるのは勿論、多岐に渡る内容を学ぶことが出来ます。もう一つの理由は「垣根の低さ」。科の垣根も学年の垣根も低く、病院全体の雰囲気の良さは抜群です。困った症例では他科の先生方に相談に乗っていただくこともしばしば。院長や副院長の先生方もよく私たち研修医に声を掛けて下さいます。

層の厚い先生方にご指導頂けるこのような環境で、2年目の今年は将来の進路も見据えて、医師としての知と技と心を身につけるべく、より一層頑張らねばと身の引き締まる思いで日々研修生活を送っています。


2016shoki10wakimoto広島市立安佐市民病院
平成27年度採用(たすき掛け)

2年目 初期臨床研修医
脇本 旭(広島大学卒)

症例が違う。薬の商品名が違う。患者さんの年齢層が違う。たすき掛けで大学病院より異動してきましたが、様々な科を回る研修医の立場で多くの病院を経験できるのは、学ぶ事尽くしで大変恵まれていると日々感じております。

担当患者さんの数が増え、手技や診察を行う機会も多くなり、考えるが中心だった昨年とまた違った素晴らしさがあります。また地域の基幹病院である当院は、様々な疾患を有病率に沿い学ぶ事ができ、患者さんの退院後の生活まで考えて医療を行う機会が多いように思います。初めは不安が強かったですが、先生方やコメディカルの皆様の熱心なご指導やサポートのおかげで、安心感と共に様々な実臨床の現場を学べるのが当院の魅力の1つだと感じています。

指導に熱く、大変居心地のいい研修病院である安佐市民病院で、是非一緒に働きましょう。

後期研修医のひとこと 当院の初期研修を終えて

安佐市民病院での後期研修について

 

2016shoki11shimohara広島市立安佐市民病院
平成26年度採用
初期臨床研修医

現在、当院消化器外科 後期研修医
下原 康嗣(高知大学卒)

私は、安佐市民病院で初期臨床研修を終え、この春から引き続き消化器内科医として後期研修を行っています。

安佐市民病院の特徴は広島県の県北一帯~島根県の一部と広い医療圏を支えている地域の中核病院であるため急性期の方から、高齢者の独り暮らしの方まで幅広い患者様が当院を利用され、その初期診療、入院加療の対応を2年間、指導医の先生のもとで継続して学べることです。このバランスは田舎の小規模な病院や、都市部の高度急性期病院では体験できないものだと思います。

この利点を生かすべく、安佐市民病院のカリキュラムでは初期研修の2年間の中で救急診療を行う期間が十二分にとられており、かつ2年間の継続したウォークイン、救急車対応を行うことで、医師として成長できると考えます。

もう一つの特徴として、看護師さん、薬剤師さん、検査技師さん、ソーシャルワーカーの方など病院で働かれている多職種の方がとても優しいです。まだまだご迷惑をおかけすることが多いですがみなさんとても温かく接してくださり、感謝しております。

私はこのような特徴を持つ安佐市民病院で勉強させていただきたいと思い、引き続き研修させていただいております。

ぜひ一度見学に来てください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要