お知らせ

安佐市民病院の総合案内でコンシェルジュサービスを始めました

2018年4月2日

安佐市民病院では、患者の皆様のニーズに合わせたきめ細やかなサービスを提供するための取り組みを強化します。                       
院内の案内だけではなく、困りごとの対応や各種手続きの補助などを行うコンシェルジュを配置しました。また、午前中の来院者が多い時間帯に、玄関付近に職員を配置して、車いすが必要な方等の介助を支援します。

これまでの総合案内は、玄関から見て右手にある地域連携の受付窓口と併用になっていました。そのため、患者の皆様からは分りにくく、また、午前8時30分から午前10時頃まで大変混雑しています。そこで、分かりやすい玄関正面に専用の総合案内を新設しました。

開始時期 

平成30年4月2日(月)から

 コンシェルジュとは

来院者の様々な要望、案内に対応する総合世話係です。安佐市民病院では、午前8時30分から職員1名を総合案内所に配置して、案内業務などを行います。また、必要に応じて、医療支援センターの看護師等のサポート体制も整えます。

車いすが必要な方や杖歩行の方等のサポートも行ないます

来院者の中には、介助が必要な患者さんを玄関前で車から降ろした後に、駐車場に向かう方がいます。このような介助が必要な方に保安担当の職員が声をかけて、車いすを用意したり、車いすの乗降を支援したり、駐車場に向かわれている間見守り等を行います。配置時間は、午前8時30分から午前10時30分です。

コンシェルジュサービスの内容
  • 見舞い客への入院患者案内
  • 病院内外案内(各相談窓口)
  • 再来受付機の案内
  • 落とし物対応等
  • 外部からの問い合わせ(電話交換室から)
  • 車いすが必要な方等の要介助者の支援
  • 来客・研修会等院内イベント案内
  • 初診患者の手続き代行
  • 来院時、待合室、帰宅時のサポート
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
1人中1人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要