診療科案内

泌尿器科

  • 当科の概要
  • 外来診療担当
  • スタッフ紹介
  • 症例・治療情報はこちら

当科の概要

当科では日本泌尿器科学会において認定された泌尿器科専門医らによるプロフェッショナルな泌尿器外科の急性期医療を中心に行っています。特に手術の低侵襲性を追求し、ほぼ全ての術式を負担の少ない腹腔鏡下手術・ロボット支援手術で行い治療成績の向上とともに患者さんにやさしく満足していただける医療の両立を目指しています。

泌尿器科で取り扱う臓器

対象臓器は腎、尿管、膀胱、尿道などの尿路(尿の通り道)および前立腺、精巣、陰茎などの男性生殖器(精路)、内分泌臓器の副腎、さらに後腹膜(腹膜に包まれた腸の裏にある場所)に発生する疾患です。具体的には副腎腫瘍、腎臓がん、腎盂・尿管癌、膀胱癌などの尿路がん、前立腺癌などの悪性腫瘍や前立腺肥大症、尿路奇形、尿失禁(尿漏れ)などのさまざまな疾患に対してプライマリーケアから先端医療まで外科的治療、放射線療法、化学療法、内科的治療などを単独もしくは組み合わせた治療を行っています。

 

2016年度の治療実績

2016年度の総手術件数は年間959件でした。

入院部門

入院患者総数は866人で、そのうち腫瘍性病変に関連する入院目的が741人(86%)で最も多く、入院手術件数は440件で術式別では腹腔鏡下手術179件(うちロボット支援下手術104件)、開腹手術3件、経尿道的内視鏡手術239件、その他19件でした。疾患別では腫瘍に対する手術が最も多く、その内訳は副腎腫瘍3件、腎腫瘍・腎盂尿管腫瘍46件、膀胱腫瘍207件、前立腺腫瘍118件などでした。

外来部門

外来患者総数は7,659人、初診・紹介患者数の1ヶ月平均は49人、外来手術件数は519件、膀胱内視鏡検査(ファイバースコープ検査)は882件でした。

 

当科の特徴

当科では泌尿器外科手術の経験を豊富に持ち日本内視鏡外科学会・日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会のすべての学会において厳しい審査を受け、その高い手術技術が国際的にも評価されている腹腔鏡技術認定医が手術を担当しています。
さらにロボット支援下腹腔鏡下手術は日本泌尿器科学会/日本泌尿器内視鏡学会が認定したロボット支援下手術指導医のもと腹腔鏡技術認定に加えロボット手術のライセンスを取得した医師が手術を担当しています。

腹腔鏡下手術・内視鏡外科手術・ロボット支援手術

腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術の特徴は皮膚に小さな穴(5mm1cm程度)を空けて、その穴から二酸化炭素を入れて空間を作り、鉗子などの機器を体内に入れてすべての手術をお腹の中で行います。泌尿器科領域の臓器は後腹膜(お腹の後ろ側)にあるため従来の開腹術では大きな皮膚切開が必要ですが、腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術は従来の開腹術に比べて皮膚や筋肉を切開する必要がないため、術後の疼痛が軽く、早期離床、早期社会復帰が可能となります。当科では一般には開腹手術で行われている術式もほぼ全て腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術で行っており、転移などを有し病気が極めて進行している場合、炎症や過去の手術既往などで強度の癒着があるなどの限られた症例を除いて、多くの患者さんに対して施行しています。当科では現主任部長が就任した2010年度以後およそ900件の腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術を行い開腹手術への移行は1%以下、輸血も1%以下でした(2016年度末まで)。悪性腫瘍に対する制癌効果においても当科の腹腔鏡下手術・ロボット支援腹腔鏡下手術の実績は従来の開腹手術と同等以上の結果を得ています。また、ロボット支援腹腔鏡下手術は最新式のダヴィンチXiを使用した精密な手術が可能で2016年度は年間104例の患者さんがロボット支援腹腔鏡下手術を安全に受けられました。

  • ロボット支援腹腔鏡下手術(ダヴィンチXi)の詳細は・・・こちらへ

腹腔鏡手術 122hinyouki03

  • ※腹腔鏡下手術・内視鏡外科手術・ロボット支援手術および代表的な腹腔鏡下手術について詳細は
     ・・・こちらへ

外来診療担当

1診 手術 三田 手術 三田 三田
(手術・再診)
2診 手術 望月 手術 望月 手術
3診 手術 大原 手術 大原 手術
午後 手術 検査 手術 検査 望月/大原
(手術・再診)

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 詳細情報
みた こうじ

三田 耕司

泌尿器科主任部長 泌尿器がん治療
内視鏡外科・腹腔鏡下手術
内分泌外科(副腎)
男性学・アンドロロジー
詳細情報の表示・非表示を切り替える

三田 耕司

卒業年度
平成2年
資格
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医(腹腔鏡技術認定医)
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内分泌外科学会専門医(副腎外科専門医)
ロボット支援手術プロクター(手術指導医)
ロボット(da Vinci) 手術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本性機能学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
抗菌化学療法認定医
広島大学客員教授
広島大学医学部臨床教授
医学博士
もちづき ひでき

望月 英樹

泌尿器科部長 泌尿器がん治療
内視鏡外科・腹腔鏡下手術
泌尿器内視鏡治療
詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成8年
資格
日本泌尿器学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
ロボット (da Vinci) 手術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
医学博士
おおはら しんや

大原 慎也

泌尿器科部長 泌尿器がん治療
内視鏡外科・腹腔鏡下手術
泌尿器内視鏡手術
詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成11年
資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
ロボット (da Vinci) 手術認定医
医学博士
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
111人中101人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要