診療科案内

心臓血管外科

  • 当科の概要
  • 外来診療担当
  • スタッフ紹介
  • 症例・治療情報はこちら

当科の概要

ご挨拶

当院では開院以来、成人の心臓・大血管・末梢血管手術を中心に診療してまいりました。広島市、広島県北部地域のみならず島根県西部も含めた地域の心臓血管外科疾患の診療に全力であたらせて頂いております。近年、心臓血管外科領域では技術革新が著しく、当院でも随時新しい治療を積極的に取り入れてきました。当院における疾患別の治療方針、特徴を提示いたします。

心臓血管外科主任部長 片山 

心臓弁膜症領域:人工物をなるべく使用しない、術後抗凝固療法の必要ない治療を行う。

心臓弁膜症のうち僧帽弁閉鎖不全症の患者様は増加しておりますが、可能な限り自己弁を温存した術式(弁形成術)を選択する様にしています。最近では全僧帽弁疾患の90%以上に僧帽弁形成術を施行しております。弁形成術では短期間のみの抗凝固療法しか必要なく弁の寿命も気にする必要がありません。心房細動合併例では不整脈手術も併施しさらに脳梗塞の原因となる左心耳を切除して術後に抗凝固療法が必要ないようにしています。僧帽弁手術においては67㎝の小さな傷で行う術式低侵襲心臓外科手術(Minimally Invasive Cardiac Surgery: MICS:ミックス)積極的に取り組んでおります。小さな傷で骨を切らないため患者さんの身体への負担は大幅に軽減されます。このため約2週間での退院が可能で、早期社会復帰ができるため若年で就労中の患者様や大きな傷を好まれない女性に適した術式です。

大動脈弁疾患に対する従来の手術法は、大動脈弁を人工弁(機械弁あるいは生体弁)に置換する術式が標準となっています。しかしながら、生体弁は耐久性が問題であること、機械弁は術後生涯にわたり抗凝固剤を服薬する必要があること等の問題点が指摘されてきました。特に若年者において、機械弁置換後の術後生涯にわたる抗凝固剤服薬はその後の人生の中での出血イベント発生時の出血リスクを高める事になり就労制限なども必要となります。人工弁を使用しない手術を行うことで抗凝固剤内服を回避できればその人の人生の選択枝が広がります。当院では、特に若年者に対して機械弁置換の選択ではなく抗凝固剤内服が不要な術式を治療検討しております。AVneo (Aortic Valve Neo-Cuspidization)は自己心膜によって大動脈弁を作る術式で異物を全く使用せず術後抗凝固剤内服が不要な術式です。2007年より本邦で開始されており良好な治療成績が報告されています。この大動脈弁再建術を行う病院は日本ではまだ少ないですが、患者様にメリットの多い術式のため当院では積極的に取り組んでおりすでに50名を超える患者様にこの手術を行っております(中四国で最大の症例数です)。

最近TAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)が日本にも導入されましたが弁の寿命が10年程度と短いため現状の適応は手術に耐えられないと判断された高齢の患者様に限定されています。ただ手術が困難な高齢の方でも治療が可能な術式のため今後増加が予想される高齢者の患者様にとっては福音であり、当院でも新病院への移転後から治療開始予定です。

大動脈疾患:当院伝統の術式、大動脈解離症例の受け入れ体制の整備

胸部大動脈瘤に対しては、20年前から日本で先駆けて従来の手術とステントグラフト手術を組み合わせたハイブリッド手術(世界ではFrozen Elephant Trunk Techniqueとして認知されている日本発のオープンステントグラフト法)を臨床応用してきました。新しい人工血管の開発当たっては国内での数少ない臨床試験病院として協力した歴史があります。侵襲の大きい胸部大動脈瘤の手術を低侵襲化でき高齢者でも安全に施行可能で良好な成績を得ることができています。

急性大動脈解離は生命の危険が非常に高い疾患ですが、過去5年間で118例の緊急手術を施行しておりますが90%で救命することができております。先述のハイブリッド手術を急性大動脈解離にも導入して救命だけでなく長期の再手術予防に関しても良好な成績が得られております。新病院移転後は手術室の拡張とドクターヘリ受け入れ開始により広島県島根県も含めた広域の急性大動脈解離症例の常時受け入れ体制を整え、急性大動脈解離という疾患の救命率をさらに改善させていきたいと考えています。

チーム医療

心臓血管外科の治療は心臓血管外科医のみで担うのではなく、循環器内科医が診断を行い、麻酔科医、臨床工学技士、手術看護師とのチームで手術を乗りきり、術後は集中治療看護師、リハビリ技士、臨床工学技士、栄養士、薬剤師、MSW(メディカルソーシャルワーカー)とのチーム医療で多数の人間がかかわります。多くの医療スタッフがかかわることにより、安全で心のこもった医療が提供できると考えています。手術はもちろんのこと日々の治療方針の決定もチームで行いますので、すべての患者さんにベストの治療を提供できる体制だと考えています。

 

外来診療担当

1診 片山 片山 片山 荒川 片山
2診       大下
緊急手術のため代診の場合があります。

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 詳細情報
かたやま あきら

片山 暁

心臓血管外科主任部長 成人心臓血管外科(特に冠動脈・弁膜症・ 胸部大動脈)
腹部末梢血管外科
詳細情報の表示・非表示を切り替える

片山 暁

卒業年度
平成8年
資格
日本外科学会外科専門医
心臓血管外科専門医・修練指導者
胸部大動脈瘤ステントグラフト指導医
広島大学臨床教授
あらかわ みわ

荒川 三和

心臓血管外科部長 成人心臓血管外科
腹部末梢血管外科
リンパ・静脈疾患
詳細情報の表示・非表示を切り替える

荒川 三和

卒業年度
平成14年
資格
日本外科学会外科専門医
心臓血管外科専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
脈管専門医
日本循環器学会専門医
たちばな ひとし

橘 仁志

心臓血管外科副部長 詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成22年
資格
日本外科学会外科専門医
胸部ステントグラフト実施医
腹部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
おおした まよ

大下 真代

心臓血管外科医師 詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成25年
資格
日本外科学会外科専門医
下肢動脈瘤に対する血管内焼却術の実施基準による実施医
腹部ステントグラフト実施医
たかだ よしあき

高田 善章

心臓血管外科医師 心臓血管外科 詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成30年
資格
マンモグラフィ読影認定医
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
96人中62人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要