診療科案内

腫瘍内科

  • 当科の概要
  • 外来診療担当
  • スタッフ紹介
  • 当科の詳細情報はこちら

当科の概要

腫瘍内科腫瘍内科は、がんに対する薬物療法を専門に実施する科です。がんに対する治療は、手術、放射線、薬物療法(抗がん剤治療)と大きく分けて3つあります。

以前は、良い薬がなく、薬物療法は、なかなか活躍できませんでしたが、徐々に、発がんやがんの増殖の仕組みが解明され、創薬が効率的になりました。
最近は、毎年、すぐれた新薬が登場し、患者さんの腫瘍を小さくし、生存期間を延ばしてきています。また、患者さんの治療期間におけるがん薬物療法の期間が長くなってきており、薬物療法専門の腫瘍内科の介入が不可欠になってきました。

薬には、がん特有の副作用もあります。腫瘍内科は、患者さんに合わせて、標準的かつ最も、最良な治療法を検討し、副作用対策をしっかり実施しながら治療します。

 高齢、全身状態から、体にやさしい治療を選択することもあります。
 がん薬物療法専門の薬剤師、専門の看護師とも連携をとりながら、チームで治療を実施しています。

主な診療領域

腫瘍内科が担当し、抗がん剤治療を実施する患者さんは年々増加しています。

平成26年度からは、消化器内科出身の脇浩司部長が、新たに加わり、スタッフ2名となりました。2名とも、国立がん研究センター中央病院で任意研修を終了しています。

入院については、呼吸器内科、消化器内科、外科、放射線科の強力なバックアップ体制のもとで運営しています。

主な治療対象疾患

肺がん(非小細胞肺がん、小細胞肺がん)、乳がん、胃がん、大腸がん、悪性胸膜中皮腫、胸腺がん胆嚢がん、原発不明がん、希少がん、リンパ腫など。

化学療法センターの運営、キャンサーボード(症例ごとの検討会)の運営、標準的治療の構築に努めています。

まだまだ不足しているがん薬物療法専門医の育成に強い意欲を持っています。

外来診療担当

(化学療法センター)
1診 北口  尾﨑 北口 北口
2診 随時変更
(外科)
  随時変更
(外科)
  随時変更
(外科)

 

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 詳細情報
きたぐち そういち

北口 聡一

腫瘍内科主任部長
呼吸器内科部長
内科部長
健康管理センター医師
肺がん治療
呼吸器
消化器がん・乳がんなどの腫瘍の薬物療法
詳細情報の表示・非表示を切り替える

北口 聡一

卒業年度
平成元年
資格
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本肺がん学会評議員
日本内科学会認定総合専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医・評議員
米国内科学会フェロー(FACP)
米国胸部疾患学会フェロー(FCCP)
米国臨床腫瘍学会(ASCO)Active member
WJOG(西日本がん研究機構)理事
広島がん治療研究会幹事
医学博士
わき こうじ

脇 浩司

腫瘍内科部長
消化器内科部長
内科部長
健康管理センター医師
肝臓 詳細情報の表示・非表示を切り替える

脇 浩司

卒業年度
平成9年
資格
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器病学会地方会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本肝臓学会学会西部会評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和ケア研修会終了
医学博士
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
16人中13人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要