診療科案内

脳神経内科

  • 当科の概要
  • 外来診療担当
  • スタッフ紹介
  • 当科の詳細情報はこちら

当科の概要

脳神経内科とは?

脳神経内科とは、どのような科か御存じでしょうか? 一言で言えば、脳神経内科は、脳や神経や筋肉の器質的な病気を的確に診断し、内科的に治療する科です。

当科の特徴は?

各種の電気生理学的検査(末梢神経伝導検査、筋電図、誘発電位検査など)を駆使して神経疾患の正確な診断を行っています。また不随意運動に対して、ボツリヌス注射治療も行っています。

当院脳神経内科は、2005年に開設した診療科です。地域の基幹病院として、全ての神経疾患に対して高度の医療を提供するとともに、それを担う優秀な脳神経内科医を育成することを理念としています。

どのような症状を診るのか?

頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、カが入らない、もの忘れ、動作が鈍いなどがあれぱ、受診して下さい。もし、他科(耳鼻科・整形外科など)の病気であれば、適切な科に紹介いたします。

どのような病気を診るのか?

脳卒中、認知症、パーキンソン病、頭痛、痙攣、てんかん、脳炎、髄膜炎、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、多発性硬化症、筋シストロフィー症など多岐に渡ります。

精神科との違いは?

一般に精神科は、頭部CTやMRIでは異常を認めない、脳の機能的な病気を診る科です。CTやMRIでは異常がない「統合失調症」は精神科ですが、脳の萎縮を伴う「アルツハイマー型認知症」は脳神経内科です。当院では精神科と協力して認知症の診療を行っています。

脳神経外科との違いは?

一般に脳神経外科は、外科的治療をする科です。突然片側の手足のまひが起きた方がいて、「脳出血」で手術をする場合は脳神経外科ですが、「脳梗塞」で点滴治療をする場合は、脳神経内科です。当院では脳神経外科と協力して脳卒中の診療を行っています。

どのような患者さんが入院されたのか?
2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
317名 355名 386名 358名 467名

内訳は、脳梗塞を中心に脳卒中が圧倒的に多く約2/3を占めます。

次に、てんかん、痙攣、脳炎、髄膜炎、ギラン・バレー症候群など脳神経の救急疾患が続きます。他には、多発性硬化症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、筋シストロフィー症、認知症など様々な疾患や、整形内科的な脊椎脊髄疾患、内科疾患に伴う神経障害などが含まれます。

麻痺などの後遺症が長く残ることが脳卒中の一番の問題であり、脳卒中は要介護認定原因、寝たきり原因の第1位です。脳卒中の約6割を占めるのが脳梗塞ですが、発症後4.5時間以内の急性期脳梗塞治療としてtPA(組織性プラスミノーゲン活性化因子)による血栓溶解療法を行っています。2015年は13例にtPAを使用しました。また、太い脳血管が詰まって起きた急性期脳梗塞には脳神経外科と協力して血栓除去術、血管内治療を行っています。

外来診療担当

1診 リハ 都甲 大下 大下
2診 山下 久保川  山下 山下  山下

 

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 詳細情報
やました ひろし

山下 拓史

脳神経内科主任部長
内科部長
リハビリテーション科部長
脳神経 詳細情報の表示・非表示を切り替える

山下 拓史

卒業年度
平成元年
資格
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本神経学会代議員
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
認知症サポート医
もの忘れ・認知症相談医(オレンジドクター)
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本内科学会中国支部評議員
広島大学臨床教授
医学博士
おおした ともひこ

大下 智彦

脳神経内科部長 脳神経 詳細情報の表示・非表示を切り替える

大下 智彦

卒業年度
平成6年
資格
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本認知症学会専門医
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
広島大学臨床教授
医学博士
はやし ゆき

林 有紀

脳神経内科副部長
内科副部長
脳神経 詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成18年
資格
日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
とこう めぐみ

都甲 めぐみ

脳神経内科医師
内科医師
詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成23年
資格
日本内科学会認定内科医
くぼかわ よしこ

久保川 佳子

脳神経内科医師
内科医師
脳神経 詳細情報の表示・非表示を切り替える
卒業年度
平成24年
資格
日本内科学会認定内科医
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
14人中12人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要