診療科案内

認定看護師

認定看護師(Certified nurse)

日本看護協会が認定する資格。特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識をもつ看護師をさします。

患者さんに水準の高い看護を提供するとともに、看護師をはじめ他の医療スタッフへ働きかけて支援します。

認定分野 人数
救急看護 Emergency Nursing 2
皮膚・排泄ケア Wound,Ostomy and Continence Nursing 2
集中ケア Intensive Care 1
緩和ケア Palliative Care 3
がん化学療法看護 Cancer Chemotherapy Nursing 2
がん性疼痛看護 Cancer Pain Management Nursing 1
感染管理 Infection Control 2
摂食・嚥下障害看護 Dysphagia Nursing 1
認知症看護 Dementia Nursing 2
慢性心不全看護 Chronic Heart Failure Nursing 2
糖尿病看護 Diabetes Nursing                       1
救急看護認定看護師 越道 香織、 長見 由美

突然の事故や病気により治療や看護が必要となった患者さんやそのご家族に対し、救急看護の専門的知識や技術を身体面・精神面の両方から提供します。
患者さんの救急度や重症度に応じた看護を提供するために必要な医療スタッフとの連携を大切に、役割を果たしていけるよう活動しています。

皮膚排泄ケア認定看護師 中野 真寿美、 神田 光太郎

褥瘡や創傷の管理、また皮膚が脆弱な高齢者などの予防的スキンケア、更に便や尿漏れなどの排泄管理を専門的に提供しています。
また、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)を造設された患者さんへのセルフケア支援を行っています。
安心して生活ができるように、排泄に関する悩みや不安など、様々な相談に応じています。

集中ケア認定看護師 鈴木 美香

生命の危機状態にある患者さんの病態の変化を予測し、重篤化を回避するために医学的知識に裏付けられたフィジカルアセスメントを実践しています。
また、患者さんやご家族を生活者としての視点からとらえ、集中治療を受けられている時から日常生活援助を通して早期にリハビリテーションが実施できるよう看護を行い、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い続けることを心がけています。

緩和ケア認定看護師 伊藤 美幸、 矢田 和美、 西岡 由香

疼痛、呼吸困難、全身倦怠感などの苦痛を個々にあった方法で緩和し、その人らしく生活を送ることが出来るよう支援しています。
患者さんやご家族の考え、気持ちに寄り添いながら多職種で構成されている緩和ケアチームを中心にサポートを行っています。

がん化学療法看護認定看護師 佐々木 恵子、 小原 由里

化学療法を受ける患者さんとご家族を支え、安全を守っていくことを使命としています。化学療法について最新の知識、技術を用いて副作用に対するケアや療養生活の支援を行っています。また、患者さんやご家族が治療内容を理解され、納得の上で治療に臨み、その人らしい生活を送っていただけるよう、意思決定や心理的・社会的な支援に努めています。

がん性疼痛看護認定看護師 升田 志保

痛みは、身体やこころに大きな苦痛をもたらします。医療チーム全体で積極的な苦痛緩和を行えるよう、専門的な知識・技術をもって実践・指導に取り組んでいます。
その人の全体をみる、という診断・治療と生活支援の両方の視点から患者さんの支えとなる役割を担い、がんと診断された時から人生の最期まで患者さんやご家族に寄り添うことを心がけています。

感染管理認定看護師 大野 公一、 森合 真治

医療関連感染を防止し、患者さんのみならず職員の安全を確保するため、組織横断的に活動しています。
感染に関するサーベイランスの実施・評価、ケア改善に向けた感染防止技術の指導、職業感染防止、アウトブレイク時の対応など積極的に実践しています。

また、地域施設と連携してカンファレンス、相談、情報交換などを行い、各施設相互の協力関係の形成を図っています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師 杉本 みほ

患者さんが安全に「口から食べる」事ができるよう、また食べることで希望を見出せるように多職種と連携し、急性期から口腔ケアやリハビリテーションなどのアプローチを行っています。
一人でも多くの患者さんの早期回復を目指し「口から食べる」機会を提供できるよう、日々実践を行っています。

認知症看護認定看護師 上石 久子、西川 博子

入院により、混乱をきたしやすい認知症患者の生命・尊厳を守る看護を実践しています。患者さんやご家族が安心して入院生活を送ることができるよう、行動心理症状の緩和や予防、治療環境を調整します。
退院後も患者さんやご家族が住み慣れた地域で生活できるように、院内・院外の他職種と連携して支援しています。

慢性心不全看護認定看護師 小林 志津江、 影山 紗季

心不全の患者さんは病気と上手に付き合い、共に過ごしていかなければなりません。また、心不全の原因や症状増悪の理由は患者さんによって様々であるという特徴があります。
患者さん一人ひとりの症状や治療を的確にアセスメントし、それぞれの生活を見つめ、その人にあった病気との付き合い方を一緒に考え支援していきます。

糖尿病看護認定看護師 山﨑 優介

糖尿病という病気は、一生付き合っていかなければならない病気です。患者さんはその長い療養生活の中で、悩んだり、戸惑ったり、挫けたりしながら生活をしていきます。その思いに寄り添い、糖尿病と上手く付き合っていく方法を一緒に考え、患者さんが自分らしく生活できることを支援していくように心がけています。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
13人中10人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要