診療科案内

新人看護師紹介

北病棟3F 平島 理沙

北病棟3F 平島 理沙

先輩方が「大丈夫?」と声をかけてくれる、相談しやすい環境があります

平島看護師のインタビューを見る

なぜ看護師になろうと思いましたか
親戚や知人に医療関係者が多かった事と、仕事は大変そうではありますが、やりがいと誇りを持てる仕事だと思い、看護師を目指しました。
現在、どのような仕事をしていますか
産婦人科病棟で新生児室での業務の独り立ちを目標に、先輩看護師の指導の下、誕生したばかりの児の観察や、様々な検査の介助、沐浴、おむつ替え、哺乳、医師への報告などを行っています。
当院の印象はどうでしたか
入職当初は、出来ないこと、分からない事だらけで、不安と焦りでいっぱいでした。先輩やプリセプターが、私の焦りや不安に対して、フォローとアドバイスしてくれました。部署の看護体制はPNS(パートナーシップナーシング)で、ペアの先輩方が「大丈夫?」と声をかけてくれ、相談しやすい環境です。
休日は、どのように過ごしていますか
睡眠を十分とって、疲労回復に努めています。
又、復習や理解を深めるため勉強もします。先輩方から頂いたアドバイスをノートにまとめながら振り返りを行ったりします。
これから就職される方へのメッセージ
入職した直後は、教科書でしか見た事の無い疾患を持つ患者さんを目の前に慌てたり、出来ない事ばかりでしたが、今は少しずつ一人で行える事が増えました。その分更に、責任感や、アセスメント能力、知識の向上が必要だと感じています。看護師として、成長できるようがんばっています。
皆さんも、一緒にがんばりましょう。
閉じる

南病棟7F 山村 颯

南病棟7F 山村 颯

子供の頃入院した経験があり、支えとなってくれた看護師のように、自分もなりたいと思い、看護師を目指しました

山村看護師のインタビューを見る

なぜ看護師になろうと思いましたか
子供の頃、小児喘息で入院した経験があり、慣れない入院生活にとてもつらい思いをしました。その時に関わり支えとなってくれた看護師さんのように、自分もなりたいと思い、看護師を目指しました。
現在、どのような仕事をしていますか
整形外科・呼吸器・耳鼻科の患者さんの看護を行っています。看護体制はPNS(パートナーシップナーシング)で、先輩とペアを組みながらケアの提供に努めています。
就職して、印象に残っているエピソード
患者さんより、「いつも山村さんの笑顔で、元気がでます。ありがとう。」と言って頂いた事がありました。自分の関わりが患者さんの力になっているのだと感じて嬉しく思いました。
今後の目標は?
知識を深め、根拠と自信を持って、1人1人の患者さんに技術の提供ができる事と、患者さん、スタッフから信頼される看護師を目指します。
これから就職される方へのメッセージ
実習に加えて、国家試験の勉強など、忙しい日々を過ごされていると思いますが、自分なりのリラックス方法を見つけて頑張って下さい、又、看護学校時代の友人は、大変な気持ちを共有でき、就職後も助けとなるので、協力して頑張って下さい。
閉じる

南病棟5F 吉永 千晶

南病棟5F 吉永 千晶

新人研修が充実しており、いつでも手をとめて聞いてくれる先輩がいます

吉永看護師のインタビューを見る

なぜ看護師になろうと思いましたか
子供の頃に、入院した事があり、看護師さんが、明るく優しく接してくれ、元気をもらえ、その姿に憧れを抱いたのがきっかけです。
現在、どのような仕事をしていますか
外科病棟で周手術期の患者さんも受けもっています。
初期研修の時から、先輩方に看護技術や分からないことを丁寧に教えて頂き、現在も、プリセプター、チームの先輩に日々支えて頂きながら業務を覚えています。
どのようにストレスを解消していますか
休みの日は、友達と過ごしたり、同期の仲間と仕事の後楽しく食事をしたりします。同期は、特に仲が良く支え合える存在です。
どのような、看護師になりたいですか
笑顔で患者さんやご家族に向き合い、安心して頂けるよう、思いを受け止められる看護師になりたいです。
これから就職される方へのメッセージ
就職当初は環境に慣れず不安があると思いますが、新人研修が充実しており、いつでも手をとめて聞いて下さる先輩がいるので、安心して働ける職場であると思います。
閉じる

中央処置室 吉岡 凱

中央処置室 吉岡 凱

同僚と仕事の大変さや情報を共有でき、精神的な心の支えになっています

吉岡看護師のインタビューを見る

なぜ看護師になろうと思いましたか
医療職に興味があり、調べて行くうちに、看護師が患者さんと接する機会が一番多い点と、男性看護師も増加し、自分にしか出来ない事があるのではないかと考え、看護師を目指しました。
現在、どのような仕事をしていますか
外来患者さんの採血・点滴や、救急搬送の患者さんに対して、先輩看護師とペアとなり、指導の下、ケアを行っています。
現在、やりがいを感じるのは、どんな時ですか
救急の現場で、多職種が「命を救う」という目標に向かって治療にあたり、搬送された時よりも、少しでも良い状態となった瞬間です。
又、患者さんより、感謝の言葉を頂いた時は、やりがいを感じます。
あなたにとって同期は、どんな存在ですか
同じ職場で頑張る仲間であり、仕事の大変さや情報を共有でき、精神的な心の支えになっています。同期だから言える事もあり、学生時代の同級生とは、少し意味の違った大切な存在です。
これから就職される方へのメッセージ
今は、国家試験の勉強や、就職活動で忙しい時期だと思います。しかし、学生時代にしか出来ない事もたくさんあるので、後悔のない一日一日を過ごして下さい。
閉じる

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要