診療科案内

院内教育・理念

教育理念

  1. 地域の基幹病院として、高度医療に対応した質の高いケアが提供できる。
  2. 高い倫理観と自己教育力を有した自律性の高い人財を育成する。

看護部教育研修の考え方

dia_kan_tra_vooo2_P01_2016安心・安全を提供できる看護者を育成するために、当院では、就職後様々な院内研修を実施し、院外研修受講も支援しています。

  • 新人看護職員に対しては、プリセプター制度を通して、厚生労働省の考え方に準拠した年間プログラムを作成し、卒後1年間に必須としている看護技術、看護の基本姿勢、管理的側面などを習得できるように整備しています。
  • 翌年からは、卒後5年間を中心として、段階的にメンバーシップ、倫理、研究、リーダーシップなどを取り入れ、実践と理論を兼ね備えた看護職員の育成を目指します。
  • その後は、社会・医療情勢に応じた専門的なケア習得に向けた様々なプログラムを設定し、教育担当者と認定看護師がバックアップしています。
  • また、育児、病休などにより、長期休職された後も、希望に応じた研修を受講でき、復帰後の支援を行っています。
  • 知識・技術を重ねて、より専門的な看護実践を目指す看護職員に対しては、本人の適正をみながら、当院で必要な認定看護師を受講できる制度もあります。当院では、現在10分野の認定看護師が活躍しています。資格取得後の研修や活動支援も行っています。
  • さらに、管理研修を通して、看護部、病院全体の発展に寄与できるように院内研修を行い、ファースト、セカンド、サード研修を受講し、資格取得をしています。
  • この他にも各委員会による研修があり、新人の皆さまの成長を支援しています。
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
4人中3人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要