診療科案内

部署紹介

南館
8F

南8病棟:整形外科、小児科

整形外科・小児科

脊椎疾患専門の整形外科と小児科の混合病棟です。整形は手術、小児科は急性期疾患を中心に乳幼児から高齢者の幅広い年齢層が安心した入院生活を送れる看護を実践しています。

7F

南7病棟:呼吸器内科、整形外科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科

整形外科、呼吸器内科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科

整形外科・呼吸器内科・耳鼻咽喉科の混合病棟です。パートナーシップナーシングでスタッフはいつでも相談できる相手がおり安心して働いています。患者さんにひとりひとりに寄り添う看護の提供を心がけています。

6F

南6病棟:消化器内科、放射線治療科

消化器内科、放射線治療科

消化器内科、放射線治療科の病棟です。内視鏡検査や治療の患者さんが安心して入院生活を送れますよう、また放射線治療を受ける患者さんの苦痛が最小限で済むよう、一丸となって看護を提供しています。

5F

南5病棟:外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科

外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科

消化器、呼吸器、乳腺などの外科病棟です。患者一人一人に寄り添うことや統一した看護を提供すること、周りの仲間と協働することを大切にし、手術を受ける患者さんに安心な看護を提供しています。

4F

南4病棟:泌尿器科、眼科、皮膚科、精神科

泌尿器科、眼科、皮膚科、精神科

泌尿器・眼・皮膚・精神科からなる混合病棟です。各科の特殊性を踏まえ、患者さんの療養環境づくりに取り組んでいます。スタッフは明るく、チームワークも良い病棟です。

2F

南2病棟(CCU・HCU)

集中治療部(ICU・HCU)

CCUとHCUからなる15床の病棟です。内科系・外科系を問わず、呼吸・循環・代謝その他全身管理の必要な患者さんを受け入れています。高度医療を必要とする患者さんに対して、医師、看護師、コ・メディカルが専門性を発揮したチーム医療を提供しています。

集中治療部(ICU)

外来2

重症集中ケアユニットです。緊急重症入院、院内急変、大侵襲手術後管理など集中ケアを必要とする患者さんに対し、患者さんやご家族の思いを大切にしながら、高度で専門的な治療・看護を提供しています。

中央手術室

手術室

手術を受けられる患者さんにスタッフ一人一人が専門職として自覚を持ち関わっています。患者さんの体に負担の少ない最新治療のロボット手術や腹腔鏡手術にも対応しています。安全で安心できる手術環境を提供するために、多職種と連携を図り周術期チーム医療の機能を最大限に発揮できるよう取り組んでいます。

中央材料室

中央材料室

手術、検査、処置などで使用した医療機材の洗浄、滅菌、管理を行っており、院内の感染防止の役割も担っています。

北館
6F

北6病棟:血液内科、腫瘍内科、呼吸器内科、緩和ケア内科

血液内科・腫瘍内科・呼吸器内科・緩和ケア内科

血液内科・呼吸器内科を中心とした手術以外のがん治療全般を担い、主にがん化学療法と緩和ケアを行う病棟です。がん患者さんが安心して治療が続けられるように、また退院後の生活を見据えた看護を提供します。

5F

北5病棟:心臓血管外科、循環器内科、内分泌・糖尿病内科

心臓血管外科・内科・循環器内科

心臓血管外科、循環器内科、内分泌・糖尿病内科の病棟です。主に心臓の検査・治療や手術を受ける患者さんの看護を行っています。患者さんの気持ちに寄り添い笑顔あふれるケアと退院後の療養生活を視野に入れた指導を心がけています。

4F

北4病棟:脳神経外科・脳血管内治療科、脳神経内科、リハビリテーション科、整形外科

脳神経外科・脳神経内科・リハビリテーション科・整形外科

脳神経内科、脳神経外科と膝関節を中心とする整形外科の病棟です。急性期から回復期、生活期と地域連携を図っています。摂食・嚥下認定看護師を中心に患者さんの「食べられる口」を大切に早期回復を目指し、プロのケアと心で取り組んでいます。

3F

北3病棟:産婦人科

産婦人科・小児科

産婦人科のレディース病棟です。新しい命の誕生から終末期、女性のライフステージを支援します。
患者家族に寄り添い、誠意と優しさをモットーにパートナーシップナーシングにて看護実践を行っています。

2F

外来:産婦人科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、精神科、化学療法センター、腫瘍内科、緩和ケア内科、脳神経センター(脳神経内科、脳神経外科・脳血管内治療科、リハビリテーション科)、心臓血管外科

外来2

各科が協力・連携を取り、限られた時間の中、専門性の発揮と積極的な支援を行っています。
認定看護師を中心に、がんカウンセリング、疼痛管理、リンパ浮腫、認知症患者さんへの指導に力を入れています。

1F

外来:内科(消化器内科、内視鏡内科、呼吸器内科、血液内科、内分泌・糖尿病内科、総合診療科)、眼科、循環器内科、小児科、皮膚科、外科(消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科)、整形外科、泌尿器科

外来

各科の専門性を踏まえて、外来看護師は、患者さんが不安なく治療の継続が出来るように必要な看護ケアや在宅支援を行っています。また、外来は病院を印象付ける部署であり接遇も大切に心がけています。

内視鏡センター、放射線科

内視鏡センター、放射線科

地域に密着して紹介患者さんを受け入れ、放射線画像診断・治療の介助や、内視鏡検査・治療の介助を行っています。日々進化する高度な治療に対応できるよう、知識・技術の向上に努め、多職種と協働しながら患者さんへの安全と安楽なケアを心がけています。

 

歯科

口腔ケアはQOLの維持や向上、様々な病気の予防にも繋がる大切なことです。そのため歯科スタッフは、緩和ケアチームや呼吸サポートチームなど様々な医療チームのメンバーとしても活躍しています。

 

医療支援センター

医療支援センター

総合相談室・地域医療連携室・入院支援センター・医療安全管理室・がん相談支援センターの構成からなっています。多くの看護師が入退院支援、がん相談などに活躍しています。

中央処置室

中央処置室

各診療科からの検査や点滴等の実施と、救急車や紹介救急患者の受け入れを行っています。
看護師によるトリアージを行い、重症度に応じた診療が受けられる体制になっています。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要