診療科案内

看護部

看護部からのお知らせ

  • 広島市立病院機構では、広島市民病院、安佐市民病院、舟入市民病院、リハビリテーション病院・自立訓練施設など関連施設の職員採用試験の情報を総合的に案内しています。

    詳しくは広島市立病院機構 職員採用試験情報のサイトをご確認ください。>>>こちら
    正規職員の勤務条件および給与等についても同サイトをご覧ください。

 

看護部長あいさつ

看護師として大切にしていることは 「感性と脱感性を磨いていくこと」

副院長兼看護部長 中野 真寿美

副院長兼看護部長 中野 真寿美​

チーム医療と看護の『見える化』

安佐市民病院は地域に根差した基幹病院で、がん診療連携拠点病院として高度な医療を提供する使命 を担っています。看護部においても質の向上が必須であり、その取り組みとして、さまざまな領域で専門性を持った看護師がチーム医療にかかわっています。つ ながりを重視し、医師・看護師・薬剤師・理学療法士・臨床検査技師・栄養士など他職種の医療関係が、患者さんの一日も早い回復を支援し、安心して療養生活 を送ることができる環境の提供に取り組んでいます。これらの活動は、ホームページや広報誌などでみなさまに紹介し、医療・看護の『見える化』を図っています。

感性と脱感性

私が看護師として大切にしていることは、『感性と脱感性を磨いていく』ことです。感性とは、人の喜びや痛みなどの思いを感じ取る力、そしてそれを通して看護の意味を見出す力です。脱感性とは、どんな状況においても感情に左右されない冷静さを保ち、不快な感情を持たずに行動できる力です。この二つの力を磨いていくことにより看護師は進化していきます。職務の喜び・楽しさを実感するとともに、患者さんからも感謝の気持ちを頂けるようになると考えます。

ひとりひとりを大切に

看護部では、看護の専門性を発揮するとともに多職種からなるチーム医療を積極的に展開しています。また、新採用者には、「新人看護職員研修ガイドライン」に基づいた教育体制で研修プログラムを企画し、ローテーション研修を取り入れて、ひとりひとりを大切に多くの仲間で支援・サポートしています。多くのことが学習できやりがいのある職場を目指しています。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
12人中11人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要