診療科案内

患者給食

患者さんの病態にあった食事を安心して食べていただくため、衛生管理に十分注意し、おいしく喜ばれる食事作りに日々努力しております。

1.治療食

医師の治療方針に沿った栄養基準で、治療食を提供しています。
治療食の種類:減塩食、エネルギーコントロール食、たんぱくコントロール食、脂質コントロール食、肝臓食、消化管術後食、易消化食、低残渣食、嚥下訓練食など

 配膳車出発前の食事の最終確認                     治療食

2.喫食不良の患者さんへの対応

疾患や治療により食欲が落ちた患者様の食事の負担を軽減するため、通常の約半分の量を盛り付けたハーフ食を提供しています。

ハーフ食では栄養補助食品を組み合わせて召し上がっていただくこともあります。

また、ハーフ食を食べられている方で、更に食欲がない方には、夕食のみハーフ選択食、A・B・Cコースを用意しております。

3.食事サービス
入院中の食事に満足感を持っていただくため、食事の工夫を行っています。
①行事食
入院生活の中でも「潤いと季節感」を味わっていただきたいと、年33回、季節にあった行事食を組み入れています。メッセージカードも添えています。

 

②選択メニュー
普通食の患者さんに「食事を選ぶ満足感」を味わっていただきたいと、週3回、2種類の献立から好みの食事を選んでいただいています

         牛丼定食                   釜飯風定食

③誕生日

患者さんの生まれた日を大切に思い、誕生日の食事にケーキを(治療上ケーキを食べられない方にはメッセージカード)お付けしています。

④長寿の祝い

入院中に、長寿の祝いに該当する患者様に、誕生日の夕食に祝い膳を提供しています。(還暦、古希、喜寿、米寿、卆寿、白寿)

 

⑤祝い膳

お産入院の患者さんに、入院中に1回、夕食にてメッセージカード付きの出産祝い膳を提供しています。和食と洋食のどちらか好きな方を選べます。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
19人中17人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要