診療科案内

臨床検査部

概要

臨床検査部は、患者さんから採取された血液や尿などを検査する検体部門と心電図・超音波検査を行う生理部門から構成されています。

私たちは、「迅速かつ正確な質の高い検査結果を提供する」を目標に、検査技術の習得や最新の検査項目・検査方法の導入などに取り組み、また、より専門性の高い技術・知識を持った認定技師の育成にも力を入れ、「患者さん中心の医療」を実現するためにチーム医療へ積極的に参加しています。

臨床検査部理念
  • 愛と誠の精神をもって患者さんの検査を行います。
  • 地域の基幹病院として質の高い検査データを提供し、チーム医療に貢献します。
臨床検査部基本方針
  1. 患者さんの立場と権利を尊重し、理解と納得に基づいて信頼される検査業務を行います。
  2. 医学と医療の進歩に見合った質の高い検査データを提供します。
  3. チーム医療の一構成員として、正確かつ迅速な検査データを提供します。
  4. 医師や検査技師の養成のための検査医学教育を行い、人間性豊かな医療人を育成します。
  5. 検査医学を通じて近隣諸国との国際交流を積極的に行います。
    最高の患者サービスと健全な病院経営のために、検査業務の合理化、効率化、最適化に努めます。

検査業務

生理検査室

生理検査室では、体内に発生する電気を波形化して記録する心電図・脳波・誘発電位等の検査、肺活量や肺胞の状態を測定する呼吸機能検査、体外から超音波をあて体内を画像として描き出し臓器の性状や動きなどを調べる超音波検査を行っています。

また、運動療法処方のための心肺運動負荷試験や、睡眠時無呼吸症候群の診断のための終夜睡眠ポリグラフ検査にも対応しています。

一般検査室

一般検査室では、尿・便・髄液・穿刺液・関節液の検査を行います。

尿検査は、蛋白・ 糖・潜血の定性や尿中の細胞を顕微鏡で観察し、尿路系疾患の診断につながる情報を提供します。

便は主に潜血を検査し、消化管出血の有無を調べます。

また、髄液は顕微鏡で細胞を観察し、髄膜炎を起こしていないかを調べます。胸水・腹水などの穿刺液検査、関節液の検査は、炎症や結晶の有無を調べます。

これらは 機械化されておらず、検査技師が顕微鏡で細胞や結晶を観察して情報を見いだします。

臨床化学検査室

血液や尿などの検体から、肝臓や腎臓などの機能や状態を分析装置を用いて測定しています。

検査の中には、糖尿病に関わる検査、腫瘍マーカーやホルモンの検査等数多くの項目があります。それらの検査結果を迅速かつ高い精度で報告できるよう努めています。

血液検査室

白血球、赤血球、血小板などを調べる検査部門です。血液をサラサラにする薬(ワーファリン)の効き具合も、ここで調べています。

全自動多項目血液学分析装置、全自動塗抹標本作成、顕微鏡等を使い、血液の状態を調べます。血液の病気が疑われる場合は、骨髄(血液を作っている臓器)から骨髄液を採取して、さらに詳しい診断につなげます。

細菌検査室

細菌による感染症の診断や感染症の蔓延を防止するため、検体(喀痰、便、尿など)を染色・培養して、原因となる菌を検出し、薬剤感受性の検査をしています。

また、週・月単位で病原性菌検出人数、耐性菌検出数、薬剤感受性率等の管理をすることで、院内感染対策委員会と連携し、院内感染の防止に努めています。

輸血検査室

出血・貧血などで生命維持に支障が出ると予測される場合に対処療法として輸血を行います。

安全な輸血を行うために、その人に適合する血液を適正に準備するのが輸血検査室の仕事です。

輸血は怖いと思われがちですが、正しい検査を行い安全な血液を準備し、適切に実施すればとても役に立つ治療法です。安心して輸血を受けていただけるよう努力しています。

 

スタッフ紹介

氏名 役職 資格 専門分野
谷本 博利

たにもと ひろとし

谷本 博利

臨床検査部主任部長
産婦人科部長

卒業年度:平成元年

日本産科婦人科学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
母体保護法指定医
医学博士
婦人科腫瘍
婦人科がん治療
産科婦人科一般
江川 博彌

えがわ ひろみ

江川 博彌

臨床検査部医師

卒業年度:昭和47年

日本内科学会認定医・専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医・指導医・評議員
臨床検査
内科一般
呼吸器
臨床検査技師34名

内訳:技師長1名、副技師長2名、主任技師6名、臨床検査技師19名、嘱託・臨時臨床検査技師6名、事務員6名

  

認定技師

概要

専門性の高い技術・知識を持った認定技師医療が高度で専門分化し、より高い技術・知識を持った臨床検査技師が求められるようになり、臨床検査に関連した多くの学会が認定技師の資格を与えています。

当院の臨床検査部には、以下に示す認定技師が多数在籍し、専門的立場から各分野で活躍しています。

超音波検査士

進歩する超音波技術を活用し検査技術を磨き、医療に貢献していく検査技師を育むことを目標においたものです。

各専門領域があり、循環器・消化器・体表臓器・泌尿器・産婦人科・検診の6部門に分かれています。

 

認定一般検査技師

認定一般検査技師は、尿検査や便検査などの一般検査における高度な知識と技術を有する臨床検査技師の育成を図り、より良い医療を患者さんに提供する目的で日本臨床衛生検査技師会が認定した制度です。

 

心臓リハビリテーション指導士

心臓リハビリテーションに関わる、心疾患や各種検査、運動処方、運動指導などについての知識と技術を習得した検査技師です。

運動指導だけでなく、病気に対する不安なども傾聴し、患者さんに安心して社会復帰していただけるよう努力しています。

 

認定輸血検査技師

輸血は種々の副作用・合併症を伴い易く、輸血治療を行うには深い知識、的確な判断力と技術が要求されます。

輸血関連検査(血液型・交差適合試験)、血液製剤の管理・供給、指針・ガイドラインに沿った適正使用の推進などの業務で専門的な立場からアドバイスをしています。

 

認定血液検査技師

認定血液検査技師は、血液検査や血液凝固検査などにおける高度な知識と技術を有する臨床検査技師の育成を図り、より良い医療を患者さんに提供する目的で日本検査血液学会が認定した制度です。

 

認定臨床微生物検査技師

細菌に感染したときに、どんな菌に感染しているか、どんな薬が効くのかを検査しますが、これらを正しく迅速に行えるように学会によって認定されているのが認定臨床微生物検査技師です。

また、感染制御認定臨床微生物技師(ICMT)を監視したり、新たな耐性菌が出現していないかチェックを行い、院内感染対策に貢献しています。

 

糖尿病療養指導士

糖尿病療養指導士とは、糖尿病とその療養指導についての正しい知識を有するコ・メディカルスタッフに与えられる認定資格です。

患者さんに糖尿病のことをより多く知っていただき、自らの糖尿病と向き合う力を引き出すお手伝いをするのが糖尿病療養指導士です。

 

栄養サポートチーム専門臨床検査技師

日本静脈経腸栄養学会では臨床栄養学に関する知識と技能をもつ者に対して栄養サポート チーム専門療養士の認定を行っており、当院臨床検査技師も認定を受けています。

他職種と連携を取り、栄養管理の支援を行っています。チーム医療の一員としてより良い医療を提供できるように努めたいと思います。

 

健康食品管理士

健康食品管理士は、一般社会の方に対して正しい情報発信することを目的とした、認定協会よりの認定資格です。

健康食品には、特定保健用食品と栄養機能食品、その他(いわゆる健康食品)に分けられ、問題になるのがいわゆる健康食品です。その中には多量に摂取することで、健康を阻害したり、薬との相互作用があるものなどがあり、検査結果に反映されます。

健康食品管理士として日々、情報収集を含めた勉強をして日常業務に役立てています。

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
7人中5人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要