診療科案内

肝・胆・膵《主な疾患》

肝臓、胆道(胆管・胆嚢、十二指腸乳頭部)、膵臓の良性・悪性疾患の治療をチーム医療体制で専門的に取り扱っています。

肝臓内科、消化器内科(胆膵領域)、放射線科、病理部とともに定期的(1回/2週)に症例検討会を行い、バランスの良い診療を提供できるように努力しています。

転移性肝癌に対しては原発部位ごとに各専門グループと連携をとりながら集学的治療を行っています。

 

主な疾患

肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)、肝嚢胞、肝内結石、その他肝腫瘍

胆道

胆嚢、胆管癌、十二指腸乳頭部癌、膵胆管合流異常症、胆石(胆嚢、胆管)、胆嚢炎

膵癌、膵腫瘍(IPMN、嚢胞性腫瘍、神経内分泌腫瘍)、その他膵腫瘍、慢性膵炎

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年
肝切除 17 23 28 30 40
葉切除以上 8 10 5 6 9
区域切除 5 6 11 4 9
亜区域切除 4 4 5 10 10
部分切除 0 3 7 10 12
膵切除 18 22 18 24 28
膵頭十二指腸切除術 13 17 13 18 20
その他膵切除術 5 5 5 6 8
胆道悪性疾患手術 8 5 5 6 7
腹腔鏡下胆嚢摘出術 82 90 77 105 108
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
4人中4人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要