診療科案内

食道《主な疾患》

疾患食道癌の治療法は食道癌治療ガイドラインに従い、(1)内視鏡的治療、(2)手術治療、(3)放射線治療、(4)抗がん剤治療(化学療法)などの単独治療や組み合わせた治療を行ないます。
しかし、患者さまの病状や全身状態によっては標準治療が困難な場合もあり、消化器内科、放射線科、病理診断科とともに定期的に症例検討会を行い、適切な治療が提供できるように努力しています。

術後はクリニカルパス(治療計画書)に基づいて行われ、術後17日の入院期間を設定しております。
当科はJCOG(Japan Clinical Oncology Group:日本臨床腫瘍研究グループ)の食道がん治療を専門とする組織に参加し、最新の治療法を患者さんに提供していくとともに、標準治療の確立を目指した研究にも参加しています。

 

主な診療疾患

食道悪性腫瘍(食道癌)、食道良性腫瘍、その他の食道良性疾患

治療実績

治療実績

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要