診療科案内

病理診断科の紹介(病理診断とは?)

病理診断とは

適切な治療のためには、正しい診断が必要です。
病理診断は、病理医と呼ばれる病理診断専門の医師が、病変部分の組織や細胞を顕微鏡で観察することにより行われます。

細胞診断(細胞診)

例えば、肺がんでは痰の中にがん細胞が混じることがあります。
その場合、痰を顕微鏡で調べることにより、がん細胞を見つけることができます。これが細胞診断です。
その他、乳腺や子宮などの体の表面から近い臓器では、針で病変を刺したり、臓器の表面をこすったりして、病変から細胞を採取することができるので、細胞診断がよく行われます。
本院では、学会認定資格をもつ細胞検査士が顕微鏡下に選別検査(スクリーニング)を行っています。

生検組織診断

治療方針を決めるために、病変の一部をなるべく患者さんの負担にならないように小さくとって検査することを「生検(せいけん)」といいます。
胃や大腸の内視鏡検査などの際や小さな手術によって行われます。
その診断を生検組織診断とよびます。

手術で摘出された臓器・組織の診断

本格的な手術で摘出された臓器・組織も病理検査にまわされます。
そして、どのような病変だったのか、手術で取り残しはないか、がんの場合は悪性度や転移の有無などについて病理診断が行われます。
その後の治療方針の決定に重要な情報を提供することになります。

手術中の迅速診断

病変が体の深い部分にあるために手術前に生検ができなかったので手術中に病変を診断したい、あるいは手術で病変が取りきれたかどうかなどを確認したい場合があります。
このように手術中に病理診断が必要な場合、「術中迅速病理組織診断(じゅつちゅうじんそくびょうりそしきしんだん)」を行います。
術中迅速病理診断では、手術中に採取された組織から簡易的に病理標本を作製して20〜30分程度で診断します。
診断結果はすぐに執刀医に連絡されて手術方針が決定されます。

以上のように、病理診断はさまざまな治療の場面で役割をもっています。
病理診断結果は通常、患者さんへは臨床医から説明されるので病理医が患者さんにお会いする機会はほとんどないのが現状です。
そのため、日本では”病理”という言葉自体あまり知られていません。
しかし、悪性腫瘍などの多くの病気の最終診断は病理診断によってなされており、非常に重要な検査といえます。
正しい診断と治療には、臨床医と病理医の連係プレーが欠かせません。
病院に病理医がいることは、より良質の医療の提供につながるのです。

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
1人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要