診療科案内

外傷、熱傷、褥瘡、皮膚潰瘍

外傷:適切な創傷治癒を考慮し、必要に応じ創傷治癒因子であるトラフェルミンなどをもちいてきずあとが最小限に抑えられるような縫合や局所処置をおこないます。

熱傷:全身の20%を超えるような重症熱傷は大学と連携して治療にあたりますが、当科で可能な範囲であれば対応いたします。保存的にはトラフェルミン、軟膏または被覆材で保護、手術が必要な症例では適切な時期に壊死組織除去術(デブリドマン)、植皮術をおこないます。

皮膚潰瘍:うっ滞性皮膚潰瘍や動脈硬化性疾患がある場合、病態に応じ循環器内科や血管外科と連携し血管病変の有無を精査し治療します。糖尿病がある場合、内分泌内科と連携して基礎疾患を加療しつつ、当科または整形外科と連携し切断の手術を選択することもあります。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
4人中3人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要