診療科案内

炎症性皮膚疾患(尋常性乾癬、乾癬性関節炎など)

乾癬に対しては、病気のしくみや治療の考え方、内服薬や外用薬の使用方法、薬剤の費用などを丁寧にご説明し、乾癬ピラミッド(下図)に沿って処方します。重症な場合、ご希望や病態に応じ入院治療をおこなうこともあります。乾癬に対しては外用のみならず紫外線療法(Narrow-band UVB)やエトレチナート、シクロスポリン、新薬のアプレミラスト、(メトトレキサート:保険適応外)内服、また生物学的製剤による治療を病態に応じおすすめします。当院では新薬である生物学的製剤はTNFα阻害薬、IL-12/IL-23阻害薬、 IL-17製剤など各種積極的に使用しており、当院は県下有数の症例の患者さんをご希望に応じ最適な治療をしており、外用治療を必要としない状態まで改善した患者さんも数多くおられます。ご希望に応じお問い合わせください。

※治療費が高額であるため高額療養制度、多数回該当制度、付加給付制度が使用できます。詳しくは加入する健康保険にお問い合わせください。 

 

 

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
11人中8人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要