診療科案内

薬疹、多形紅斑

薬疹は、薬を内服したり注射したりすることにより生ずる発疹のことで、アレルギー性の薬疹ではあらゆる皮疹の病態をもってみられることがあります。薬を投与後、数時間でみられる蕁麻疹型薬疹もありますし、数日~2週間程度で見られる遅発性の薬疹もあります。特に難治性の左右対称にみられる紅斑では湿疹として加療されていることもあり、血液検査(DLST;薬剤リンパ球刺激試験)、プリックテストやパッチテスト、内服テストなどを病態に応じて適切におこない原因の究明を試みています。また発熱や粘膜のただれをともなう重症薬疹に対しても病態に応じステロイドパルス療法、免疫グロブリン大量療法などを積極的に使用し治癒を目指します。薬疹を疑う患者さんはお薬手帳だけでなく実際のお薬を持参いただけますとスムーズに検査を行えます。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
7人中6人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要