診療科案内

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、薬疹

蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーや薬疹では、必要に応じて 血液検査、プリックテストやパッチテスト、内服テストなどを病態に応じて適切におこない原因の究明を試みます。

◯蕁麻疹 非鎮静性ヒスタミンの倍量投与にくわえ各種薬剤で制御を試みますが、難治性の蕁麻疹には抗IgE製薬のオマリズマブを用いた治療も行っています。

◯アトピー性皮膚炎 そのメカニズムを丁寧にご説明し、生活指導、保湿・ステロイドの外用、抗ヒスタミン薬内服で効果が不十分であればシクロスポリンを用いた治療をおこなっており、新薬の生物学的製剤も導入する予定です。

◯薬疹 特に薬疹の場合、薬剤リンパ球刺激試験などの血液検査や必要に応じパッチテスト、内服テストなどの検査をおこない、被疑薬の同定を可能な限り試みます。同時に重症度に応じて抗ヒスタミン薬内服、ステロイドの外用をおこない、重症型ではステロイドの全身投与、免疫グロブリン大量療法などを積極的に使用し後遺症のない治癒を目指します。​

 

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
7人中7人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要