診療科案内

血液疾患

年間数例の新規患者さんがおられ、入院または外来での治療、経過観察をしています。
主な疾患はHenoch-Schönlein紫斑病、特発性血小板減少性紫斑病などです。
Henoch-Schönlein紫斑病は紫斑病性腎炎を併発した場合は、腎生検を要することがあります。(腎疾患をご参照ください)

なお、白血病、悪性リンパ腫、腹部の固形腫瘍など、悪性腫瘍は広島市内の専門病院にお願いしております。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要