診療科案内

神経疾患

熱性けいれん

非常に多い疾患です。この疾患自体は後遺症のない疾患ですが、髄膜炎、脳炎・脳症との鑑別が必要になります。

てんかん

主として外来にて投薬治療しています。難治例、長引くけいれんは入院することがあります。

脳炎・脳症

重症の救急疾患の一つであり、年間1〜数例入院されます。後遺症や死亡の可能性のある難病の一つです。状態によっては集中治療部(ICU)で麻酔・集中治療科と協力して診療しています。

(検査について)

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要