診療科案内

末梢血管手術

特徴
  1. 積極的にバイパス手術を行い、救肢率95%以上
  2. 膝下へのバイパス術で積極的な救肢
  3. 腰部脊柱間狭窄症との合併手術
    (高齢者で脊椎と血管の疾患を合併していることがあります。)

地域性から高齢者の動脈閉塞が年々増加しております。歩行時に太ももやふくろはぎがだるくなって歩行できなくなり、休むとまた治る症状(間歇性は行)がある時はご相談ください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要