診療科案内

冠動脈バイパス術

当科の冠動脈バイパスの特徴
  1. 過去5年間待機手術死亡0%、緊急手術死亡も過去3年間0
  2. 心拍動手術を先駆けて導入し、リスクの高い症例も安全
  3. 術式は動脈グラフトを多用し、生涯もつバイパス

03

近年爆発的に各施設で行われている心拍動手術(OPCAB)1996年から導入し、現在では3~4本のバイパスまでOPCABで行うことができますが、人工心肺を使用した従来の冠動脈バイパス術も安全な標準術式であります。当院では患者さんの状態にあわせて、最良の術式を個々の症例で決定しています。

結果、手術死亡ゼロ、早期退院が可能となってます。冠動脈バイパスはいまや死亡率ゼロの時代となってます。今後も死亡率・長期成績とも良好であり続けれるよう精進して行く所存です。安心して冠動脈バイパスを受けられてください。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
4人中2人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要