診療科案内

整形外科・顕微鏡脊椎脊髄センターの症例・治療情報

論文業績

英文(2014年以降,主著者のみ) Remarkable efficacy of temozolomide for relapsed spinal myxopapillary ependymoma with multiple recurrence and cerebrospinal dissemination; A case report and literature review. [...]

続きを読む

脊椎脊髄疾患

2017年度の脊椎脊髄手術822例のほぼ全てを3台の顕微鏡で行っております。 顕微鏡についてもう少し詳しく述べますと、図1に示しますように対面式の双眼顕微鏡がアー ムで吊り下げられたような構造を しております。 実験室などで使う顕微鏡との違いは、接眼鏡が両側についていることと、内部に光源を内蔵ていて術野を明るく照らすことが出来ることです。 従って、手術用顕微鏡の利点は手術視野を10倍 [...]

続きを読む

膝関節疾患

当院で脊椎疾患に次いで多いのは膝関節疾患で、2017年度には192例の膝関節手術を行っております。膝関節外来は月曜日と水曜日です。 膝の手術は主に下記の4つの手術を使い分けています。 1)関節鏡手術(62例)  1cm弱の小さな皮膚切開で直径4mmの内視鏡を関節内に挿入して手術を行うものです。スポーツなどによる膝の靭帯や半月板、軟骨などの損傷に主に行っています。加齢に伴って軟骨がすり減って痛 [...]

続きを読む

膝の病気の予防と治療

年齢を問わず膝を痛めると歩行やスポーツに支障を来し、充実した日常生活を送ることが困難となります。今回は、当院でも多くの方が通院治療や手術加療を受けられている変形性膝関節症について解説します。 中高齢者を悩ませている膝痛の原因の多くは、変形性膝関節症によるものです。変形性膝関節症では、イスからの立ち上がり、歩き始め、階段をおりる時(図1)などに膝痛を生じます。中高年の女性に多く発症し、加齢とともに [...]

続きを読む

外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要