診療科案内

治療内容

治療について

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、すい臓、胆のう、胆管などの疾患に対して、当科で行っている内視鏡治療を紹介します。
 
原則として、入院の上、行っています。

内視鏡的ポリペクトミー・粘膜切除術・粘膜下層剥離術

消化管のポリープや癌などを内視鏡で治療する方法です。
IT2、ITnanoを用いて粘膜を切開、剥離し、ポリープや癌を切除します。

内視鏡的レーザー照射術・ヒートプローブ法

消化管のポリープや癌などを内視鏡で治療する方法です。レーザー、ヒートプローブなどでポリープや癌を焼却して治療します。

内視鏡的止血術

胃潰瘍や十二指腸潰瘍などからの出血に対し、内視鏡を用いて止血する治療法です。

消化管異物除去術

誤って飲み込んでしまった消化管の異物(魚の骨、入れ歯など)を内視鏡で取り除く治療法です。

消化管狭窄拡張術

消化管が細くなり食事が通らなくなった方に対し、内視鏡を用いて細くなった部位を拡張し、食事が摂れるようにする治療法です。(外科医が行います)

内視鏡的胃瘻造設術

脳梗塞などで食事を食べることができなくなった方に対し、お腹から胃に栄養チューブを入れ、栄養物を注入する治療法です。

内視鏡的減黄術

閉塞性黄疸の方に対し、内視鏡的に胆管チューブを入れ、黄疸を引き治療する方法です。

内視鏡的総胆管結石除去術

内視鏡を用い、総胆管結石を除去する治療法です。

食道静脈瘤硬化療法・結紮術

食道静脈瘤に対する治療法です。静脈瘤に薬を注入したり、リングをかけたりすることで止血やそれ以降の出血を予防する治療法です。

 

 

検査実績

平成29年の内視鏡検査数は、上部消化管内視鏡検査 6,311件、大腸内視鏡検査4,654件、内視鏡的逆行性胆管・膵管造影535件、超音波内視鏡検査272件、小腸107件、総計11,879件でした。

 

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
7人中4人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要