外来のご案内

産科医療保障制度

平成21年1月1日以降に生まれた赤ちゃんを対象に、財団法人日本医療機能評価機構(厚生労働省所管)が運営する「産科医療補償制度」がスタートしました。

この制度は、生まれた赤ちゃんが、万一補償の対象である重度の脳性麻痺となった場合に、一定の補償金をお支払いする制度で、その内容は、次のとおりとなっています。

補償開始時期

平成21年1月1日

補償の対象となる場合

原則的には、体重が2000グラム以上、かつ、妊娠33週以上のお産で、重度の脳性麻痺(身体障害者等級1・2級相当)となった赤ちゃんが対象になります。

補償の対象とならない場合

次に掲げるいずれかの事由によって発生した脳性麻痺については、補償対象となりません。
  1. 赤ちゃんの先天性要因(両側性の広範な脳奇形、染色体異常、遺伝子異常、先天性代謝異常又は先天異常)
  2. 赤ちゃんの新生児期の原因(分娩後の感染症等)
  3. 妊娠若しくは分娩中における妊婦の故意又は重大な過失
  4. 地震、噴火、津波等の天災又は戦争、暴動等の非常事態
赤ちゃんが生後6月未満で死亡した場合は、補償対象となりません。

補償金の種類並びに支払額、支払回数及び支払時期

補償金の種類は、準備一時金及び補償分割金となります。
それぞれの支払額、支払回数は、次のとおりです。
  1. 準備一時金 1回当たりの支払額は600万円で、支払回数は1回です。
  2. 補償分割金 1回当たりの支払額は120万円で、支払回数は20回です。
準備一時金は、補償金の請求手続きが終わってから、原則として60日以内に支払われます。
補償分割金は、赤ちゃんの誕生月の初日又は補償金の請求手続きが終わった日のいずれか遅い日から、原則として60日以内に支払われます。

損害賠償金との調整

この補償制度の補償対象となる脳性麻痺について、当院が損害賠償責任を負う場合は、この補償制度により支払った補償金(準備一時金又は補償分割金)は、優先して損害賠償補償金に充当されます。

掛金

一分娩(妊娠22週以降の分娩(死産を含む。)が対象)当たり3万円です。この掛金は、実費としてお支払いいただきます。なお、この制度のスタートにあわせて、出産育児一時金の額が掛金相当額引き上げられました。 出産育児一時金を当院が直接受け取る制度(受取代理)を利用すれば、直接掛金を支払う必要がありません。是非とも、ご利用いただきますようお願いします。

登録手続

この補償を受けるためには、あらかじめ妊産婦の皆様に制度に登録していただく必要があります。詳しくは、病院スタッフが説明いたします。

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
0人中0人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要