外来のご案内

紹介制について

紹介制について

総合病院への患者集中により、本来の医療機関の機能・役割が果たせていない状況を改善するため、国(厚生労働省)は病院と診療所の機能分担を政策として実施してきました。

これは、患者さんが普段から継続して診察を受ける「かかりつけ医」として患者さんの体のことを良く知っている医師を持ち、まず「かかりつけ医」にかかり、適切な診断の後、必要に応じて「かかりつけ医」から医療機関を紹介することで、患者さんに最適の医療を提供しようというものです。

この「かかりつけ医」(かかりつけ医療機関)の仕組みは、まず行きつけの診療所や中小病院を受診し、その後紹介を受け、専門性の高い医療や高度な医療を提供する大きな病院(専門的治療実施医療機関)を受診するという機能分担を行うことにより、それぞれの医療機関の持つ機能を十分に活用して、効率的に最適な医療を提供しようとするものです。

当院は、地域の中核病院として高度・専門的な医療を担う役割を求められています。当院を初診(※)として受診される際は、「かかりつけ医」など他の医療機関からの紹介予約受診にご協力いただくようお願いします。

なお、初診で他の医療機関からの紹介状なしに受診される場合は、保険診療分以外に定額の選定療養費(非紹介患者加算初診料)として、医科は 5,400円、歯科は 3,240円をお支払いいただきます。

(※)初診とは、当院に初めて受診される場合、当院に受診歴のある方が、治療期間が終了したのちに再び受診される場合、患者さんが任意に診療を中止し、改めて受診される場合などを指します。

また、歯科とその他の科は、健康保険上は別の管轄となりますので、それぞれ定額の選定療養費の請求が行われます。

かかりつけ医療機関等への逆紹介について

医療機関の役割分担は前述のとおりですが、「かかりつけ医」等からの紹介患者さんや救急患者さんなどで、当院での専門的医療が必要でなくなった方につきましては、当院から「かかりつけ医」等へ逆紹介し、「かかりつけ医」で継続的に診ていただきます。

なお、当院から他の医療機関に対し紹介をする旨の申し出をしたにもかかわらず、引き続き受診される場合、その都度、保険診療分以外に定額の選定療養費(再診患者加算料)として、医科は 2,700円、歯科は 1,620円をお支払いいただきます。

このように、地域の各医療機関が機能を分担、連携して質の高い医療を効率的に提供することが国の施策として進められております。(地域医療連携)

当院は地域の中核病院としてより一層、機能の充実に努めてまいります。

患者さんにおかれましては、上記の医療制度をご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。

非紹介患者加算初診料及び再診患者加算料について

ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。 このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
17人中14人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
外来のご案内
入院のご案内
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要